ドミニクローラン ブルゴーニュ ピノノワール 2009

回鍋肉と一緒にいただく。回鍋肉は豚肉が厚手に切ってあり一般的なイメージとは異なる。醤油系の塩味はやや強め。野菜は一緒にいためずに別に茹でて添えてある。
で、本ワインだが前回のドメーヌ ローラン ペール エ フィス ブルゴーニュ に比べると果実実はしっかりと感じられるがやや軽めという感じで料理とも良く合ったし好みの味わい。自分がワインを好きになったきっかけは、メルローが色々な料理に合うことから始まったんだが、遍歴してみるとピノノワールが好みかもしれないと思うようになった。果実実を強く感じるワインがたまたまピノノワールだっただけかもしれないけど^^;
茹でた野菜たち(キャベツ、パブリカ、ピーマン)とも違和感がない。予定調和な味わい。
唯一驚いたのが、デザートのグレープフルーツを食べた後に、このワインを飲むと恐ろしくおいしかったこと。グレープフルーツの苦味がワインの甘み、うまみを引き立てたか? とすれば、案外、ジビエにあったりするんだろうかなどと推測。

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください