ジ・アイリー・ヴィンヤーズ・ピノ・ノワール 2010

dsc_0064
夏なんだけどあえてすき焼きということで選んだもの。
色は薄めでピンク系のクリア。
注ぐとすぐに立ち上るフローラルブーケ。さすがにカリフォルニアだと6年も経てば十分に開いている。
一口目にも関わらず、酸味はほど良く軽やかな味わい・・・と思いきや、軽めに感じるのに、なぜか後から来るしっかり感が強い。骨格が太いと言うべきか?
松坂牛の結構いいランクの肉に負けないし、すき焼きの醤油系のたれにも負けないし、溶き卵にからめた牛肉にしっかりと合う。
いや、うまい。クロデュヴァルとは方向性が全く異なるんだが軽やかでありながら重いww
ガツンと来ないで後からじわっと来る深みのある味わい。
こんなワインを見逃していたなんて^^;
どこかに在庫があるかしらん? 一応、あったけど高いね。買った時は30%オフだったからねえ。
[amazonjs asin=”B00UE3GNT0″ locale=”JP” title=”The Eyrie Vineyards ジ・アイリー・ヴィンヤーズ、オレゴン ピノ・ノワール 2011 ダンディ・ヒルAvas 赤/アメリカ”]

ちなみに、2010年は暑い年で2011年は記録的に寒い年なのでニュアンスが全く異なるとのこと。
そう聞くと2011年物を飲むべきか迷うよね^^;

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください