Romeo y Julieta XHIBICION NO. 4

CigarOneにて購入したセルフサンプラーから。
Romeo y Julieta XHIBICION NO. 4は以下のスペック。
Length: 127 mm
Diameter: 19 mm
dscf1254
dscf1255
長方形に成型されたビトラなのでリングゲージはないが長辺はロブストに近い。
瓶詰めのモヒートをお供に。
As it is square shape, ring gauge is not provided, length is almost Robusto.
着火から芳しい香り。ニカラグアンあたりでは決して嗅げる香りじゃない。くぅ、これがキューバンのすごさか?
From first burn, you can feel good aroma. It never happen for Nicaraguan cigars. This is Cuban.
一口目から広がる甘み。確かにこれは果実系の味だ。
I could taste sweetness from first puff. It’s really fruits taste.
だが、感動もここまでorz
However, this amazing experience stopped here.
キューバンの欠点、Constructionが悪いロットなのか固体なのかわからんが当たってしまった。
ドローが悪い。それでも半分くらいまでは果実系の甘み、時折混じるうまみ、塩味・・・だが、強く吸わざるを得ないからCool Smokingができない。当然、余分な辛味やえぐみが出てくる。まあ、割と風が強い火のベランダ喫煙がそもそも良くはないんだが^^;
Cuban’s weakness, bad construction! Too tight draw could not allow me to do cool smoking. I could fell some sweetness and salty taste, but, also I felt harshness.
その後、竹串がないので爪楊枝で何度も指してみたが改善されることなく40分程度で強制終了。
I tried to make good draw by stubbing with teeth-pick. However it was no effective effort.
これでドローがよければどれだけうまかっただろう。もう一本に期待して再度レビューします。
こんな状態なので海外のレビューは引用しません。
If it had a good construction, I could feel so nice taste.

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。