マス・ド・ドマ・ガサック/ポン・ド・ガサック ルージュ 2011

大沼牛の焼肉に合わせて飲んだ。
一口目から酸味はそれほど強くない。普通においしいんだけどちょっと軽い感じ。ただ、その軽さが「オーボンクリマ エスポワール ピノノワール サンタバーバラ 2009」のような軽さの中にうまみがあるというか軽いんだけど奥深いって味わいではない。だから、値段を考えると果実味溢れる「スターグローヴス ジンファンデル 2009」の方が好み。やっぱり、俺はカリフォルニアワイン向けの舌なんだろうなあと再認識。

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください