クロ・デュ・ヴァル クラシック ナパヴァレー カベルネソーヴィニヨン 2010

ぶたしゃぶが夕食だったので、せっかくならワインでも飲むかとセラーを物色したが、赤ばかりの状況で悩んだww
ぶたしゃぶなのであっさり目がいいのだが、最近買ったのはオリンスイフトやら濃い目のばかりでどうしようかと思ったが、目に付いたのがこれ。
ドミナスのサイトでは「1972年の設立以来、流行や惑わされず、「バランス、エレガントさ、複雑さ、長い余韻」というクロデュヴァルのスタイルをぶれずに守り続けた軌跡と言えるラインアップなっています。
また、リザーヴはクロデュヴァルが良い年と判断した年にしか生産しない最上のシリーズで、クロデュヴァルらしさが存分に楽しめる、これもまた真髄と言えるシリーズです。 」
と説明されているので、バランスを期待して空けてみた。
dsc_0039-0f48d
フローラルブーケが漂いながら、一口目からよい味わい。オーボンクリマほどあっさりではなく、スターグローブスほど濃いわけじゃなくて上品な味。ぶたしゃぶに十分に合うしサラダ仕立てでかみさんが作っていたので野菜とも相性は悪くない。何より驚いたのが酔いが回りにくいこと。アルコール度数が低目ってわけでもないんだが悪酔い感が起きてこない。これだと、煮魚ですら合いそうww
でも、素直に肉だな。回鍋肉や酢豚でも合いそうだ。

ちなみに、翌日は残っていたもう一本のサンチョ・パンサのベリコソに合わして飲んだのだが、サンチョ・パンサの果実味とあいまってそれなりに楽しめた。
リピート候補の一本になりました。

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください