LED照明の交換

こちらの投稿で記載したLEDシーリングライトなんだが、PC操作などには問題ないのだけど、書籍や新聞などを読もうとすると光量不足が気になるようになった。そこで、多少消費電力は上がっても光量で満足できて、かつ、サイズも大して変わらないものがあれば変更しようと物色した。で、あたりがついたのがアイリスオーヤマのシーリングライト。消費電力の比較でも1.7W増えただけ。Ce-40にはルーメンの表示がないので比較はできにくいのだが、アイリスオーヤマのSC18Nが1800ルーメンあって、白熱電球で換算すれば100W-150Wの中間くらい。Ce-40が100W 相当だったので現状よりも明らかに明るくなる。ということでポチって見た。昼間色タイプね。(2020/3/10 追記:当該機種がディスコンっぽいので後継機種を表示)


で、実際に届くと箱ではなくてプラスティックのパッケージに入った簡易包装であった。いかにもアイリスオーヤマww 早速、取り替えてみると、意外なことにLEDなのに柔らかめの光。体感的にも明らかに明るくはなっている。ライトの真下に行かなくても新聞が読める明るさ。

大きさについてはもちろん大きくはなっているのだが直径で20cm程度だから圧迫感のかけらもない。以下がサイズの比較。右がCe-40左がSC18N-E

これだけじゃわからないから、スマホ(HuawiのP8Lite 5インチディスプレイです)と比較してみた。

一般的には玄関とか納戸などにちょうどいいサイズと光量なんだろうが、4.5畳ていどの部屋だったら十分だと思う。

 

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください