洗面台の交換

うちのマンションで9月に行われた配管回りの掃除では合わせて配管のチェックもしてくれる。
その時に洗面台の配水管から若干の漏れが指摘された。まあ、エアコンのパイプの回りの充填材みたいなパテを使えば十分と言うことだったが、17年を超えていると言うことは耐用年数を超えているわけで、ボールの汚れも目立ってきたことから洗面台を交換する事にした。
しかしながら、我が家の問題点は洗面台がワンオフに近い形で作られていること。大型の鏡が壁にそのまま設置されていて収納ボックスが横に設置されている。こんな感じ。
img_0385
だから、いわゆる鏡面台は設置せずに洗面台部分だけ交換する事になる。
で、調べたところ、やはり、TOTOのオクターブかラウンドシリーズというモデルの幅90cmタイプからの選択になる。
自分としては交換する以上は収納を増やしたいと考えていたので3Wayタイプの引き出し付きを選択することになった。
で、工事日も決まって当日・・・
午前中で終わる予定が1800時頃までになってしまった。その原因は排水パイプの位置の問題。
引き出しがあるということは、それと干渉しない位置にパイプを取り回さなきゃいけないんだが、工事中の予測が甘くて引き出しがぶつかるww
まあ、結果的には職人さんが近くのデポに塩ビパイプを手配しに行って、その場で加工してなんとか工事終了。
後から聞いたのだが、現場対応はどうしても起こると。結局、配管パネルを開けてみないと位置決めが出来ないので、当日、あけてびっくりはざらにある様子。うちの場合も排水管の位置が深すぎず(深いともう一度洗面台をはずして床材を開けないといけない)かつ、排水が流れるための傾斜が取れる程度の空間があったので取り回しが出来た。なので、引き出しを開けると余分な穴をふさぐ部分が見えるww
img_0525
この点は事前の見積もりで担当者に確認してもらっても、当日の工事で対応せざる得ないみたいだ。一応、TOTOのカタログには配水管が取り回せる範囲を表示したページがある。2014年6月版のカタログ163ページにあるように、既設配管位置が斜線で囲まれた範囲がOKらしいが・・・
うちのように体重計収納を手配していると配管できない場合もあるかもしれない。
img_0531
それともうひとつの誤算は、カタログの収納スペースのデータページを見落としたこと。ここ。
img_0524
選んだラウンドシーリーズはパックンポケットが目的で選んだのだが、オクターブに比べて引き出しの奥行きが7cm程度短かったww 結果、こんな感じ。
img_0526
引き出しをタオル入れにしたのであるが、バスタオルを横ではなく縦に入れられたはず・・・残念!
また、前の洗面台を留めていたシーリングの跡が洗面台本体で隠せただろうなあということ。
img_0528
まあ、オクターブにないパックンポケットは画像の通り便利な収納。だから、本当はストックポケットもあり、そこそこの奥行きもあるサクアシリーズに90cm幅のものがあればベストだったなと・・・
img_0527
皮膚が弱い俺の必需品である軟膏とかブラシとか色々と収納しにくいものが入って、壁面の収納スペースに余裕が出来て、箱物(使い捨てのコンタクトレンズとか)が収納できるようになった。
で、一番うれしかったのがドライヤーがきれいに収納できるようになったことww
img_0532
全体像はこんな感じで、鏡面と洗面台も最初からこんな感じだった・・・みたいに収まった。また、洗面台のトップに設置した平面台がちょっとしたスペースになって物を置けるのがありがたい。
img_0530
あとは鏡に映っているランドリーラック回りをきれいな収納に変えていくこと。
これはおって報告しましょう。

引き戸がガタガタするようになったら・・・

これは一戸建てではなくてマンションの場合に限られる場合が多いことですが・・・
引き戸が使われるのは洗面台や洗濯機が置かれているスペースが多いはず。
うちのようにほとんど開けっ放しで開け閉めすることが少ない引き戸だけど、いざ、閉めようようするとガタガタと閉めにくくなっているご家庭はありませんか?
そんな場合はごみでも詰まったかと見過ごしてしまうことが多いでしょうが、実は戸車の消耗を考えた方がいいです。
と言うのも、マンションでは騒音を考えたつくりになっているので引き戸の戸車が樹脂製であることがおおいのです。一戸建てだと室内に引き戸の開け閉めの音が響いたところで問題ないのでスチール製が使われているので戸車が消耗することはあまり考えられない。
戸車のホイールが消耗するってのはどういうことかというと、こんな感じww
img_0502
もうボロボロww こんなカムみたいな形になっちゃったホイールじゃあガタガタ音を立てますがな。
で、先日、洗面台のリフォームついでに担当営業に戸車を用意してもらって交換してもらった。
そりゃスムースになります。
で、注意事項は引き戸のレールの溝にごみが溜まると、それが樹脂を傷めてしまうとの事。そりゃ、樹脂だもんねえ・・・
なので、頻繁に開け閉めする場合でも、そうでない場合でもレールの掃除は大事です。
で、引き戸がガタガタ音を立てるようであれば、それはもう戸車の交換しかありません。素直に取り外して東急ハンズにでも行って交換するが吉です。
ハンズが近くにない方は、建具屋さんかホームセンターでしょうね。ねじ穴の位置のサイズで決まるようですが実物を持っていくのが一番です。

ZOTAC ZBOX nano セットアップ・・・BIOSいじっただけww

さて、ZBOX nanoの設定なんだが、とりえずディスプレイとロジクールのキーボード(Unifyの奴ね)接続して電源を入れたんだが・・・・
そこには見慣れぬUEIF・・・
SATAデバイスが認識された、メモリーが認識されたって情報だけww
UEIF画面から出るにはEscキーを押せって表示されるんだが押しても何も変わらじorz
うーん、とりあえずUEIFってどう操作するかググってみた。
そこで見つけたのは、
1.exitコマンドを2回打ち込めばBIOS画面に移動するらしい
2.BIOS画面でRegacyに変更すれば通常のBIOSから起動していくらしい
んじゃやってみるか・・・ってことで、まず、exitを2回・・・をを、見慣れたBIOS画面。
img_0460
ちなみに、PC Healthなんて情報画面もあったりするww
img_0462
CPUが40度以下で安心・・・つか、ファンレスだし高かったら困るわなww
で、Boot関連の画面でBoot Modeをチェックすると・・・
img_0464
こんな感じでRegacyかWin7かWin8が選ばなきゃいけない。
つまり、UEIFモードだとそもそもWindowsのインストールしか出来ないだろうってことが想定される。
なので、ubuntuが入っているSSDをそのまま装着しているから、UEIF画面から起動できなかったわけです。ちゃんちゃん!
なので、まずは、Regacyにしてみる。OSとかはこの際関係ないだろうからWin7のままにしてBootはSSDから・・・ 起動するかどうか試してから、USBからの起動とかに変えりゃいいだろうと。
img_0463
で、この状態からSave&Exit
で、あっさりとubuntu14.04が立ち上がりましたとさww
Windowsをインストールする向きには全く参考にならずにスマンww
Linuxってチップセットとか見ないんですね^^;
Win8をインストールするつもりならば、Win8が導入済みのモデルでもいいかもしれないね。メモリが2GBで少ないが。
[amazonjs asin=”B00MM2ZO96″ locale=”JP” title=”ZOTAC ZBOX CI320 nano Win8.1 with Bing Intel Celeron N2930搭載コンパクトPC PC918 ZBOX-CI320NANO-J-W2″]

で、これだけじゃ芸がないので、Window7をインストールする必要が出来た時のためにブータブルUSBメモリを作成してインストールする算段をして置いた。
Win7のインストールディスクの中身を丸ごとコピーして”bootmgfw.efi”なるファイルを追加すれば良いらしい。
こちらのページをご参考にどうぞ!
@ITの記事だから大丈夫でしょう。