楽天カードは返金処理に注意!

ポイント目当てで楽天カードを使っていますが、他のカードと比べて少々問題だなと思う点があります。
それは返金処理です。例えば、
amazon.comで一定金額以上の買い物をすると輸入関税等の手数料が先に取られます。ところが、実態としてはその手数料がかからずにRefund(払い戻しですな)されることがほとんどです。
で、amazonからはちゃんとRefundしたよと言うメールが届く。カード会社に反映されるには数日かかることもあるよと但し書きもあるので、それは納得しているのです。
ところが、楽天カードのWeb明細にはいつまで経っても反映されない。それで、楽天カードに質問すると数日で返信はありました。
実際の引き落とし金額が決定されたら払戻金を反映させるとのこと。
問題は、Web明細にはいつまで経ってもRefund金額は出てこないところにあります。確かに、PDFの請求明細書には調整金額として記載されているので問題なく払い戻されているのはわかる。

この点に関してクレームが多かったんでしょうね、2014年1月8日現在、返金がWeb明細上で記載されるようになりました。きちんと「ご利用キャンセルなど」と言う項目を別立てしてわかりやすいようにしています。
したがって、このブログにおいて、以下の部分は楽天カードへの質問はどうすればいいかを解説したエントリーとご理解くださいww
一方、UCカードでも同様の払い戻しがあるとちゃんとWeb明細に払戻金が反映される。Amazonが言うように2日程度で明細に記載されているから安心感があるわけですね。
俺としてのお勧めは、楽天カードに対して「払戻金が反映されていないが、どうなっているのだ?」とお問い合わせすることです。回答は2、3日かかりますが、必ずあります。
もし、あなたが払い戻しを受けることが頻繁にあるならば(俺のようにAmazon.comの方で買い物をよくするとか)楽天カードの問い合わせを終わらせないでおくことも大事ですww
と言うのも、

楽天カードのQ&AはWebベースで行われるもののユーザー側が質問内容を締め切るということをしない限りは継続的に(つまり、過去の質問履歴がわかる形で)補足質問を続けられるので、その後の払い戻しとか返品に伴う返金は、どうなっているのかと確認することはできる。
なので、楽天カード利用者は返金処理がある場合は注意してWeb明細に反映されてなければ問い合わせページから問い合わせる、その質問を締め切らずに返金処理用の質問として継続させるが吉でしょう。楽天カード側はうざいと思っているでしょうがww
さて、その肝心の問い合わせページですが、さすが、楽天、わかりずらくなっています^^;
問い合わせの方法を以下にお教えいたします。
1.まず、楽天e-NAVIにログインしてください。トップページが表示されます。
2.トップページの右上に小さく「よくあるご質問」と表示がありますので、クリックしてください。そのページに移ります。
3.よくあるご質問のページを下にスクロールしてください。右下に「各種お問い合わせ先について」と大きめに表示されていて、そこに「メールによるお問い合わせ」と表示がありますのでクリック。
4.そうするとFAQの一つにww 「メールによるお問い合わせ」と表示されていますから、そこをクリックするとメールでの問い合わせ方法が記載されていますので、一通り目を通してください。そこで一番下に「メールお問い合わせ入力フォーム」と表示されていますので、そこをクリックしてください。
5。「 新規ヘルプデスク質問作成」というページに辿り着きました! ここに質問を書き込んで送信すると、おって、楽天への登録メアドあてに回答が届きますので、あとは、このヘルプデスクへの質問&回答の形でやり取りがつづけられるようになります。
そこで、上記で注意したように質問を締め切らずにおくことで、この質問ページへのアクセスが容易になるわけです。
参考になれば幸いです・・・って、そう言えば「メールお問い合わせ入力フォーム」の表示の見出しって「参考」なんですわ。肝心の問い合わせまで辿り着いてもらいたくないって意志をひしひしと感じますww

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください