遺伝子を調べてみようかと・・・MYCODEを購入!

一昨年に友人たちの間で遺伝子情報の検査が話題になった。とある記念講演で講演された方がアメリカの検査会社が$99で提供しているサービスを利用して、自分のかかりやすい病気や身体的特性を診断したとお話されたことからだ。
だが、その後、日本に輸入が難しかったり国内でサービス提供している会社が少なかったり、あるいは、提供していても検査項目が少ないとか価格が高いとかといった理由で話題も下火になった。
今年になってからDeNAがサービスに参入してきて、俄然興味がわいたのだが、検査項目が多いものはそれなりにお高い。そこに、とある方から15%オフのクーポンを頂いたので思い切って申し込むことにしたのである。
amazonでもあるよん。
届いてすぐにキットが届いたので、ちょっと紹介。こんな箱にキットが収められている。
img_0538
ご挨拶文もある。
img_0540
で、キット。
img_0541
レモンの写真のカードが入っていて、なんだろうと裏面を見ると「唾液が出やすいようにご利用くださいってさ。
そうそう、このキットはCSIでやるような綿麺棒で口の中をぬぐうようなわけではなくて、唾液を使います。
こちらが唾液を入れるためのチューブ。
img_0544
早速使ってみたけど、口の中に溜まった唾液を3回ぐらい入れたら必要な量に達した。入れやすくするロートが付いているしレモンの画像もあるしww入れる量もラインで示されている。注意は唾液を入れる30分前までは水以外を飲んではいけないこと。
で、その後は唾液を安定させるブルーの液体が入った蓋を締め付けると、蓋の栓がはずれるんでしょうブルーの液体と唾液が混ざるので、しっかりと混ざるように容器を振る。後は袋に入れて、同意書に所定の記入をして、MYCODEのWebサイトで登録コードを登録してから郵送。
2-3週間で検査結果が通知されたら、MYCODEのWebサイト上で解析結果が閲覧できる仕組み。
文書で解析結果が送られてくるよりも手軽ではあります。
かみさんからは神経質なあんたが遺伝子情報知っちゃうとまた悩んじゃわないって言われてしまったww

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください