ZOTAC ZBOX nano セットアップ・・・BIOSいじっただけww

さて、ZBOX nanoの設定なんだが、とりえずディスプレイとロジクールのキーボード(Unifyの奴ね)接続して電源を入れたんだが・・・・
そこには見慣れぬUEIF・・・
SATAデバイスが認識された、メモリーが認識されたって情報だけww
UEIF画面から出るにはEscキーを押せって表示されるんだが押しても何も変わらじorz
うーん、とりあえずUEIFってどう操作するかググってみた。
そこで見つけたのは、
1.exitコマンドを2回打ち込めばBIOS画面に移動するらしい
2.BIOS画面でRegacyに変更すれば通常のBIOSから起動していくらしい
んじゃやってみるか・・・ってことで、まず、exitを2回・・・をを、見慣れたBIOS画面。
img_0460
ちなみに、PC Healthなんて情報画面もあったりするww
img_0462
CPUが40度以下で安心・・・つか、ファンレスだし高かったら困るわなww
で、Boot関連の画面でBoot Modeをチェックすると・・・
img_0464
こんな感じでRegacyかWin7かWin8が選ばなきゃいけない。
つまり、UEIFモードだとそもそもWindowsのインストールしか出来ないだろうってことが想定される。
なので、ubuntuが入っているSSDをそのまま装着しているから、UEIF画面から起動できなかったわけです。ちゃんちゃん!
なので、まずは、Regacyにしてみる。OSとかはこの際関係ないだろうからWin7のままにしてBootはSSDから・・・ 起動するかどうか試してから、USBからの起動とかに変えりゃいいだろうと。
img_0463
で、この状態からSave&Exit
で、あっさりとubuntu14.04が立ち上がりましたとさww
Windowsをインストールする向きには全く参考にならずにスマンww
Linuxってチップセットとか見ないんですね^^;
Win8をインストールするつもりならば、Win8が導入済みのモデルでもいいかもしれないね。メモリが2GBで少ないが。
[amazonjs asin=”B00MM2ZO96″ locale=”JP” title=”ZOTAC ZBOX CI320 nano Win8.1 with Bing Intel Celeron N2930搭載コンパクトPC PC918 ZBOX-CI320NANO-J-W2″]

で、これだけじゃ芸がないので、Window7をインストールする必要が出来た時のためにブータブルUSBメモリを作成してインストールする算段をして置いた。
Win7のインストールディスクの中身を丸ごとコピーして”bootmgfw.efi”なるファイルを追加すれば良いらしい。
こちらのページをご参考にどうぞ!
@ITの記事だから大丈夫でしょう。

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください