蛇口のカルシウム汚れ 除去できなきゃ・・・交換する!

img_0386我が家ではキッチンの蛇口を一昨年にINAXのJF-6450SX(JW) という浄水器内蔵シャワーヘッドに交換している。しかしながら、2年程度でもカルシウム汚れがびっちり。
ググってみるとクエン酸を使えば落ちるらしいが、それでも手間も時間もかかるらしい。
じゃあ、もしかしたらヘッド部分だけ交換できないかと調べてみた。
まずはLIXILのサイトでこの蛇口を調べると取替え部品のページがちゃんとある。
そこからさらに展開図があってヘッド部分がA-5401という品番だとわかった。
ここまでわかれば、後は市販されているかどうか。amazonではなかったがYahoo!ショッピングで探すと見つかった。 Amazonでも扱うようになった。

で、2日ほどで届いた。部材だけあって質素な箱ww
img_0386
こんなヘッドです。
img_0387
使っていたヘッドと比べると・・・
img_0388
普段下向きで使っているだけに、汚れがわかりにくい。これは浄水器内蔵モデルだからヘッド交換が楽なわけで、そうでない普通の混合栓だと展開図はあってもその品番でYahoo!ショッピングなどを検索したら出てこない。
細かすぎて(部材として)プロしか扱っていないのだと思う。

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください