イヤフォン交換 audio-technica ATH-CKX9 レビュー

audio-technica ATH-CKM77を2011年11月に購入して使っていたのだが、左耳だけ音が小さい故障が発生した。この手の故障は直すよりも買う方が安い・・つか、保障切れているしってことで買い換えることにした。
ちなみに、当時、coconetに寄せた俺のレビューでは
「重低音マニアでもなく、かといって、高音がキンキンもイヤなので、悪く言えば凡庸でもいいと思っていましたが、なんのなんの、いままで聴こえていなかった音に気が付きました。それは、パーカッションであったりサイドギターであったり様々なのですが、聴こえて来るんです。俺はここにいるよって。でしゃばるわけじゃなくて静かな主張とでも言いましょうか?
私が高校生くらいの頃、いわゆる、HiFiブームで音の劇的変化を求めたければ、プレーヤーのカートリッジからスピーカを変えろってのが定説だったのですが、それは今でも変わらない。ソリッドオーディオの世界でも同じなんですな」
てな感じ。じゃあ、audio-technicaで選べばいいかって安直な発想。
で、最初は楽天で調べたので結構お高くて、自分の使い方がほとんどウォーキングのお供だと言うことで音質ほどほどではずれにくいイヤフォンがいいかと目に付いたのが、ATH-CKXシリーズ。最初はCKX7でいいかと思ったけどCKX9がポイントが10%つくので結果的にC/Pがいいかとポチりました。

セットはジッパーで閉めるケースとイヤピース、Cパッドのセット。
img_0296
パッドはXS,S,M,Lてな感じでわかると思いますので、耳の軟骨部分に当たるCチップと呼ばれるピースをアップで。S,M,lの三種類。
このCチップは「低域を逃さない専用設計のCチップで抜群の装着感。
ハウジング全体を覆うCチップが耳にしっかりフィット。密閉感を向上し、低域を逃さずに届けます。」だそうな・・・
img_0301
イヤピースとCパッドをはずした状態はこんな感じ。
img_0299
img_0300
で、ピースをつけるとこんな感じ。結局、MサイズのOチップに交換してイヤピースも少し小さいSに変更。
img_0297
img_0298
フィット感は悪くないし歩いていて外れそうな気配もないし、ハウジングが守られている感じがするので、そこは問題ない。コードの長さもトレーニングパンツにNanoを止めてちょうどいいくらいの長さ。
で、肝心の音なのだが、どうも高音に伸びやかさが足りない気がするww あるいは、すっきり感がいまひとつ感じられないとでも言おうか?
もしかしたら、低音とのバランスが悪くて高音が感じられないのかもしれない。と言うのも、まあ、Cチップのおかげでしょうか低音はしっかりと出ているようで・・・強調しすぎと言うこともないんだが・・・
エージングがまだまだということでしょうか?
音が変わったらまたレビューするかもね^^;

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください