缶詰パンはボローニャじゃない?

災害時の対策の一環で自治体の助けが来るのには最低3日は掛かることから、非常用品をまとめたザックを自宅で用意している。
当然、非常食も入っているが非常食には賞味期限がある。賞味期限が来ると入れ替えるし、期限が来た非常食は食べる。試食も兼ねているから次に入れる非常食は何がいいか検討時期でもある。今年もそんな時期が来た。
それで今回は手軽さ(つまり、煮炊きする必要、温める必要がないという意味)故に必需品である缶入りパンの話。

缶入りパンで主なメーカーは、ボローニャと尾西(厳密に言うとパック入りだが)がある。尾西はアルファ米を使ったご飯系でお世話になっているんだが、今回食べて見てパンに関しては明らかにボローニャに軍配が上がった。最大の理由はしっとり感。単にしっとりしているという食感だけの話じゃなくて、尾西のパンは食べながらコーヒーなどの水分がどうしても欲しくなる。飲料水の備蓄も限られる中で取り敢えずは腹を満たしたいという時には水分が欲しくなってしまうようでは少々心もとない。味そのものもしっとり感ゆえにボローニャがおいしい。味としてはプレーン、メープル、チョコレートとあるが、どれもおいしい。チョコレートは最初はうーんと思っていたが、食べて見るとチョコレート感は食べてしばらくしてから現れるので意外とおいしいし味に変化をつけるという意味では悪くない選択。ちなみに、保存期間は2年間なのでアルファ米の次ぐらいに長持ちする。
買いたいと思う方はこちらからどうぞ。

追記
救缶鳥プロジェクトがある。缶詰パンを製造している株式会社パン・アキモトのプロジェクト
3年備蓄できるので、2年経ったところで備蓄用の缶詰パンを回収して、そのパンを救援物資として(すぐに食するからと言うことですな)被災地に送ると言うもの。回収の際には100円/缶をディスカウントして新しい備蓄用を購入できると言うもの。
このプロジェクトに意義があると感じる方は是非。
残念ながら、我が家のように二人家族の場合は、救缶鳥のサイズはボローニャの2倍の大きさなので備蓄用としては使い勝手が悪い。一缶当たりの価格もネックになる。
物事のバランスはかくのごとく難しい。

楽天カードは返金処理に注意!

ポイント目当てで楽天カードを使っていますが、他のカードと比べて少々問題だなと思う点があります。
それは返金処理です。例えば、
amazon.comで一定金額以上の買い物をすると輸入関税等の手数料が先に取られます。ところが、実態としてはその手数料がかからずにRefund(払い戻しですな)されることがほとんどです。
で、amazonからはちゃんとRefundしたよと言うメールが届く。カード会社に反映されるには数日かかることもあるよと但し書きもあるので、それは納得しているのです。
ところが、楽天カードのWeb明細にはいつまで経っても反映されない。それで、楽天カードに質問すると数日で返信はありました。
実際の引き落とし金額が決定されたら払戻金を反映させるとのこと。
問題は、Web明細にはいつまで経ってもRefund金額は出てこないところにあります。確かに、PDFの請求明細書には調整金額として記載されているので問題なく払い戻されているのはわかる。

この点に関してクレームが多かったんでしょうね、2014年1月8日現在、返金がWeb明細上で記載されるようになりました。きちんと「ご利用キャンセルなど」と言う項目を別立てしてわかりやすいようにしています。
したがって、このブログにおいて、以下の部分は楽天カードへの質問はどうすればいいかを解説したエントリーとご理解くださいww
一方、UCカードでも同様の払い戻しがあるとちゃんとWeb明細に払戻金が反映される。Amazonが言うように2日程度で明細に記載されているから安心感があるわけですね。
俺としてのお勧めは、楽天カードに対して「払戻金が反映されていないが、どうなっているのだ?」とお問い合わせすることです。回答は2、3日かかりますが、必ずあります。
もし、あなたが払い戻しを受けることが頻繁にあるならば(俺のようにAmazon.comの方で買い物をよくするとか)楽天カードの問い合わせを終わらせないでおくことも大事ですww
と言うのも、

楽天カードのQ&AはWebベースで行われるもののユーザー側が質問内容を締め切るということをしない限りは継続的に(つまり、過去の質問履歴がわかる形で)補足質問を続けられるので、その後の払い戻しとか返品に伴う返金は、どうなっているのかと確認することはできる。
なので、楽天カード利用者は返金処理がある場合は注意してWeb明細に反映されてなければ問い合わせページから問い合わせる、その質問を締め切らずに返金処理用の質問として継続させるが吉でしょう。楽天カード側はうざいと思っているでしょうがww
さて、その肝心の問い合わせページですが、さすが、楽天、わかりずらくなっています^^;
問い合わせの方法を以下にお教えいたします。
1.まず、楽天e-NAVIにログインしてください。トップページが表示されます。
2.トップページの右上に小さく「よくあるご質問」と表示がありますので、クリックしてください。そのページに移ります。
3.よくあるご質問のページを下にスクロールしてください。右下に「各種お問い合わせ先について」と大きめに表示されていて、そこに「メールによるお問い合わせ」と表示がありますのでクリック。
4.そうするとFAQの一つにww 「メールによるお問い合わせ」と表示されていますから、そこをクリックするとメールでの問い合わせ方法が記載されていますので、一通り目を通してください。そこで一番下に「メールお問い合わせ入力フォーム」と表示されていますので、そこをクリックしてください。
5。「 新規ヘルプデスク質問作成」というページに辿り着きました! ここに質問を書き込んで送信すると、おって、楽天への登録メアドあてに回答が届きますので、あとは、このヘルプデスクへの質問&回答の形でやり取りがつづけられるようになります。
そこで、上記で注意したように質問を締め切らずにおくことで、この質問ページへのアクセスが容易になるわけです。
参考になれば幸いです・・・って、そう言えば「メールお問い合わせ入力フォーム」の表示の見出しって「参考」なんですわ。肝心の問い合わせまで辿り着いてもらいたくないって意志をひしひしと感じますww

洗濯機は結局購入 日立 BW-7PV

結局、壊れてから買おうとすると、へたすると2,3日洗濯出来ないのもなんだと思って、先日新しいものを買いました。
同じ日立の後継機種です。

選んだ理由は、操作性が変わらないことと、自動お掃除機能(お掃除好きですな^^;)洗濯容量は1kg小さいのにしたので(経験上8kgはいらないなと)設置面積などの問題は起きないといったところ。
ヤマダ電機で買ったんですが、実は価格.comでの価格情報を元に行って交渉したら、どうも、その価格情報がデマっぽい。対応した店員曰く「ヤマダは狙われやすいんです」とのこと。
確かに、ヤマダ自体の表示価格(そこから安くするとは記載されているけど)はビックよりも5000円既に安く表示されていて、しかも、価格.comの価格情報(表示されていた価格という方)とは大きな開きが。
まあ、それでも店員がある程度がんばってくれて、リサイクル料+引取料などの諸経費を入れると、実はネット販売の店で買うより安かったんです。
設置、引取が必要な製品の場合は、本体の価格だけで比べちゃダメで、リサイクル料や設置料などを合計しないと、高くつくことがママある。
さて、新しい洗濯機ですが、改善されたなあと思う点は以下の通り。
1.洗濯時間が短くなったような^^; 
2.お湯取りポンプの差込口が使いやすくなった。
3.中蓋がなくなり窓が付いて洗濯中の様子が見られるようになった。
4.もちろん、自動掃除機能も。ただ、脱水中に行うので洗濯時間が5分程度、
  水量が9L余分にかかる。ただ、これはカビなどが付かなくなることとの
  バーターでしょう。
5.乾燥機能がヒーターではなく風で乾かして、八分乾きで後は室内干し
  これは割り切りなんだろうな。完全な乾燥が無理だから、室内干しを前提とする。
  
なるほど、小さな改良がありますな。雑誌の「家電批評」で日立の縦型洗濯機が売れ筋になっている理由がわかります。