25年間保存できるサバイバルフーズを試食する!

災害に備えて食料を保存するってのは、何が面倒かと言えば賞味期限に来たものを入れ替える作業。そして、期限切れになったからと言うことで試食を兼ねて入れ替えたものを食べることww そんな手間を省いてくれるのが、こちらのサイトにある25年間もの保存期間があるサバイバルフーズ。 オレゴンフリーズドライ社の缶入りのフリーズドライ食品なんだが、いくら保存できても食えないようなまずいものじゃどうしようもない。んじゃ、どんな味か試食したレポートがないのかと探してみるも、良食健美防犯防災オンラインショップといった販売をかねているサイトがほとんどで、個人のブロガーによる試食レポートがない。それで思い切って人柱になる決心をした。もし、味が悪くなければ、保存食の入れ替えの手間とスペースの削減をできるんだし、このブログの目的の恩返しにもなるって訳だ。

で、セット物とかで買うのもさすがに金を掛けすぎるのでamazonでチキンシチューの小缶2.5食で試してみることにした。amazonが送料も入れて最安値だったし試食なので多少賞味期限が迫ったものが来ても困らない。で、こんな感じ。

Amazonでは売り切れていたので、代わりに楽天のショップのモノをご紹介。お試しで4000円程度払うのはちょっとナンですが、俺を信用してくれるならば下のセット物が当然お得です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チキンシチュー×1缶[小缶]|【国産】サバイバルフーズ
価格:3240円(税込、送料別) (2018/6/21時点)

 

 

 

で、開缶の儀ww

この付属の缶切りは、自衛隊時代の部下の曹長が肥後の守に付けていた缶きりによく似ていて栓抜きも付いているタイプ。ただ、こうした携帯タイプの缶きりに慣れていない人だとうまく使えるかなあ? 俺には特に問題なく、すぐに開けることができたが・・・

で、138gで2.5食なので1食当たり55g程度なんだけど、実際の食べ方だと3食に分けるのが食べ方としては計算しやすいから、取り合えず40g程度を食べることにした。

で、かみさんにも付き合ってもらったので80g程度をなべに入れるとこんな感じ。

水を入れた直後。

火にかけながら沸騰させるんだが、1分程度で固形感はなくなってきた。

で、蓋をして10分程度蒸らすってことで。

10分後。

小ぶりのボウルでこんな感じだから、40gで十分な感じ。で、このシチューと一緒に期限が来ているボローニャのパンを一緒に。

味自体は、一口食べて明らかにうまいと感じた。いままで食べた保存食の中では相当うまい部類に入る。上記の調理で問題なく固形分は残っていないし、味付けも丁度いいしシチューのとろみ具合も合格点。ジャガイモも割りと細かく砕かれていたが十分にジャガイモ感はあって味もしっかりしているし、チキンもレトルト的なぱさついた感じはない。グリーンピースもいい感じに戻っていて、グリーンピース嫌いの子供は食べられないだろうってレベルww ボローニャのプレーン1缶と一緒に完食した後も腹持ちが良くて、非常時にあまり動くことがないことを考えれば、その点でも合格だろう。これで25年程度もつならコストパフォーマンスは抜群に良い。例えば、こちらのカゴメの野菜たっぷりスープ。

[amazonjs asin=”B073QPHHQC” locale=”JP” title=”カゴメ 野菜たっぷり トマトのスープ 160g×5個”]

1食分が300円程度。保存期間が約4年。2食で600円を5回は買い換えなきゃいけない。3000円程度。で、こっちは2.5食分なわけだからww 0.5食分も含めたら最初に買う時は高いけど結局安く付く。チキンシチューがこれくらいおいしいならば他の野菜シチューや雑炊も大丈夫だろうと、都合54食分を購入した。内訳は、クラッカーとチキンシチューの15食セット、クラッカーと野菜シチューの15食セット。鳥雑炊の10食缶、えび雑炊の6食缶。実は1食ずつわけられている雑炊の小缶は仕様変更に伴い売り切れでえび雑炊でしか手に入らなかった。その1食が調理しにくいらしいので大缶に仕様変更らしい。

で、値段を調べた結果、こちらが手頃かと。

 

 

雑炊はこちらの防災スペシャルショップが最安値だと思う。

 

 

オスプレー アトモス35:防災用バックパックを買い換えた

寄る年波には勝てずww いままでの60Lクラスのバックパックに防災用品を入れて移動するのは厳しくなっていて、取りあえずコロンビアの25Lクラスのデイパックに入れていたんだが、詰め込んでいるから重量バランスが悪いし現状以上には物が入らない。
それで買い替えを検討していた。対象としては30-35Lクラスかなと候補にしたのが以下のバックパックなど
・マウンテンダックス ピラー30R シフティ30R グランシャルモ35S
・オスプレー ケストレル28,38 アトモス35
・マーモット Kar30
現物も見に行ったんだが、背面長が気になる。胴が長い俺は51cmもありやがるww マウンテンダックスだと165cm以下がショート、166cm以上がレギュラーと言うことだが、シフティ30Rは47cmしかない。マーモットのKAR30にいたってはワンサイズで45cmしかない。
いくら、最寄の避難所に行く間だけ背負っていけばいいとは言え不安が残るわけさ。
また、トップローディングだとトップカバーを開けて、紐を緩めてと手間がかかる。そうなると、結果的にはアトモス35になるわけだ。Mサイズが背面長で46-52cmまでカバーしているので(オスプレーのサイトでは背面長は長いほうに合わした方がいい場合が多いとの事だけど予算がオーバーww)何とかいけるだろうと判断。
調べてみると、アトモス35も年度によって微妙に違う。最新だとウェスとベルトのポケットがメッシュ。これだとレザーマンを入れるとメッシュから飛び出しそうだし中身が見えるのは避難所ではよくない。ところが、amazonに出ているものだと旧タイプのようでメッシュではないし、他の機能的な部分もそれほど変っていない様子。で、ポイントも貯まっていたのでポチッた。(2020/3/10現在、残念ながら旧モデルも売り切れみたい。)

で、実際に届くと・・・うーん、色味が違う。いい意味で違っていて正解。amazonの画像よりもシックな色調でレンガ色に近いねえ。オキサイドレッドって酸化した赤って意味だが確かにそんな感じww
まず、全体像ですが、これは防災用品を詰め終わった状態。パネル面が亀の様にはならずほど良い状態でパックできた。
img_1215
img_1216
んじゃ、細部を紹介。
背面のメッシュパネル。確かにこれならば蒸れることはない。ハイキングに使うとしたらいい感じでしょう。
img_1217
サイド側から見ると
img_1221
フレームは太い針金状のもの。
img_1222
ウェストベルトの横が張り出していてホールド感を高めているのか?
img_1223
選択条件に挙げたウェストベルトのポケット。ペルツの小型ヘッドランプを入れてみた。反対側はレザーマン。
img_1218
img_1219
トップ部分はメインコンパートメントを挟むようにポケットが2つ付いている。
大きいほう。ファーストエイドキットや歯ブラシ、カトラリーセットなどを入れた。
img_1227
小さい方は身分証代わりのパスポートなど小物を。
img_1224
背面のメッシュポケットもしっかりとホールドされた状態で入れることが出来る。画像はレインカバーを試しに入れたところ。実際はウィンドブレーカー辺りを入れたりタオルを入れたりするのがいいのかしらん?
img_1225
ちなみに寝袋やパッドを止めるベルトも付いている。パッド(空気を入れて膨らませる奴)を実際につけてみた。
img_1226
おまけで防災じゃなくて本来の目的のハイキングや登山に使う人のためにww 噂のストックホルダー。紐の周りをビニールの筒で保護している。
img_1233
img_1234
それとハイドロパックを入れたときの吸い口を出すところ。左右にある。
img_1242
サイドのポケットはメッシュじゃないのでしっかりとしたホールド感があってよろしい。ペットボトルはこんな感じではいる。
img_1235
img_1236
右側はストラップでより強くホールドできる。
img_1237
img_1238
地味だけど使える機能としてチェストベルトについているホイッスル。吹いてみたけど美妙な音色ww
img_1220
ちなみに、チェストベルトの位置は上下に調整できる。ショルダーベルトにレールが付いていて、そこを滑らして調整する。
img_1243
で、今回入れたもの。
img_1228
食料品は水を入れるパスタを中心に水がなくてもそのまま食べられるものを。缶入りのパンは便利なので2缶。
img_1229
寝袋のインナーを入れてみた。アルミの寝袋も入れてあるので夏場も冬場もしのげて(避難所内を想定しているから)サイズもかさばらない。ビニールのマットも入れてみた。
img_1231
下着はスマートウール製の靴下やTシャツにして2、3日は居ても臭わないようにww 防虫剤も入れておいたww
img_1230
そして、最後に謎のジッパー。メインコンパートメントからアクセスできるんだがジッパーが裏でかつ引き手が付いていない。何に使うのこれ??
img_1241
考えてもしょうがないのでオスプレーのサイトで質問してみた。で、回答が以下の通り。

===========================================
日頃よりオスプレー製品をご愛用いただき、ありがとうございます。
アトモス35の背面パネルとメインコンパートメントをつなぐジッパーは
製品の組み立てや修理の際に使うものでございます。
(内蔵フレームを出し入れする時等に使います。)
ユーザーがお使いいただく機能ではため、逆向き、引き手なしになっております。
===========================================

なるほどね。
実際に背負った時も、ウェストベルトの中心が腰骨に当るので背面長も正解でした。
参考になれば幸いです。

PRW-3100T-7JFを購入した!

災害時のサバイバルパックを常時持ち歩くようにしてはいるけど、何らかの理由でそれすらも無くして体一つで自宅を目指すとしたら?
そりゃ、土地勘がある場所にいても東京の出じゃないからww 東西南北方向がわからない。それで方位磁石機能付きの腕時計を手に入れたのが昨年の10月。
カシオのエディフィス。モデルはEQW-A1200D-2AJF。
スーツを着る機会は滅多にないがジャケットぐらいはある。ジャケットに合わせるにはこうしたアナログの方がいいと判断してだが・・・・
・ステンレス製で重いww 141gなり
・老眼が進んできたので字が細かすぎる。電波受信状態の確認すら蛍光灯の下では見難い
・機能はそれなりにあるがスマートアクセスは全然スマートじゃない
とは言え、素直にPROTRECKのThinlineにしたくてもPRW-3000T-7JFの評価を見ると縁取りの黒い塗料が剥がれてくるとのことで二の足を踏んでいた。
では、アナログモデルでもう少し見やすい>OCW-P1000-7AJFにするかとも思ったが・・・
待つもんですな。PRW-3100T-7JFの登場です。
で、ポチっとしました。発売直後の製品を購入するなんて初めてのことですww
結局、腕時計にサバイバル能力を求めるならばPROTRECKだったねということですな。
で、届いて、おなじみの開封の儀。
img_0730
EQW-A1200D-2AJFとの比較
img_0733
厚みもそれほど変わらない。だが、重さは94gで軽い! その差は明らか。
img_0734
はめてみたところ。まず、EQW-A1200D-2AJF。
img_0735
PRW-3100T-7JF。若干、縮尺が違うがイメージは掴めるでしょう?
img_0736
PRW-3100T-7JFはバックルが留め金をはずしてからプッシュではずす。
img_0731-78736
img_0732-c66b1
通常の時刻モードで上部パートは、曜日と日、月日、気圧グラフと選択できる。
img_0747
img_0748
img_0749
デジタルのメリットの一つであるライトを点灯すると
img_0745
ざっとこんな感じです。希望があれば、他の画像もアップしますぜww
現在、自分の目的とする機能とデザインを網羅したPRW-3100T-7JF。お勧めです。

ちなみに、カシオのサービスセンターに持ち込めば腕回りの調整はしてくれる。
追記:
気圧の変化を記録する機能(気圧傾向インフォメーション)を使うと、電波の自動・手動受信が出来なくなります。気圧傾向インフォメーションと電波受信は同時に機能しないということです。気圧傾向そのものは上記の通り表示できるので、注意喚起の表示まで必要でなければ(急な気圧下降や低高気圧の通過など)使う必要はないかも。登山用の機能だから当面は必要なし。サバイバル的には選択肢になるけどねww
追記2:
Protoreckユーザーにとっては変らない操作性なんだろうけど、アラームなどの設定は規則性があるというか一定の手順は同じなんだろうけど、取り説なしで使いこなすまではなかなか至らない。
そこは慣れなんだろうけど、取り説はスマホにもpdfで入れておいた方がいいかな。
もっと、頻繁に使って慣れていく必要がありますな。
スマートアクセスよりは楽だけどww