フライングスター風水術 「五鬼城門」の噴水には、これがお勧め!

フライングスター風水術って何かというのは、以下の書籍を読んでもらうしかなくてww 既に読んでいる人で「五鬼城門」をやってみたい人のために、このエントリーをアップしました。
[amazonjs asin=”4896342992″ locale=”JP” title=”フライング・スター風水術―人生が劇的に変わる実践香港風水”]

五鬼城門についての説明は当然省きますが、上記の書籍を読んで試してみたいと考えても、そうそう簡単に噴水は入手できませんな。しかも、マンション住まいとなるとベランダ設置になるので、電源を取れないという問題がある。
そこで、ソーラー発電で電力が供給できるタイプの噴水があれば継続的に噴水の効果を維持できると考えたわけです。
で、探しましたよ。楽天やらamazonやらで。
で、ありましたので、もちろん、ポチリました。

 

[amazonjs asin=”B00D3HE4TA” locale=”JP” title=”タカショー ソーラー ファウンテン カスケード”]

みかん箱くらいの段ボールで届きます。中にはうまい具合に噴水セットが入れられている。で、実際にベランダにセッティングするとこんな感じ。
img_1243-ea56f
この黒い小型ポンプで水を吸い上げて一番上のカメ(?)に水が入ってくる。
img_1246
カメの底に穴が開いていて、その穴を塞ぐように、パイプについたスポンジの栓を押し込む感じです。水が漏れることはありません。
img_1255
ただし、水がうまく流れるように、カメの角度や深皿の角度は調整する必要がある。
img_1256
で、このポンプはソーラー発電パネルと繋がっている。こんな感じで太陽に向けています。
img_1245
このパネルの裏側には、単三サイズのニッケル水素電池(エネループみたいな奴)4本を納めてあって、そこに充電しながら使うわけです。
で、曇りや雨の日は当然、充電できませんので、エネループの充電器を使って充電して半日程度は稼動できます。
もし、ベランダ側にコンセントを確保できるならば別売りの電源アダプタを使うこともできる。(充電池部分の蓋を開けた状態)
img_1257
本来は庭に設置することを考えられているので、杭でパネルを支えて土に差し込むことを前提としているけど、ベランダなんで刺さずに支えているだけww で、落ちないようにパネルの端に穴を開けて紐でベランダの手すりにくくりつけている。
img_1258
img_1259
で、肝心の「五鬼城門」の効果ですが・・・個人的な感想をいえば、この噴水のもとはとっくに取れていますww 確実に効果がある(繰り返します、個人的な見解ですww)本来の手段で稼げなくても、なんと、ヤフオクで想定外の高値がついた。(むしろ、この時期にヤフオクに出さなけりゃ本来の相場で大きく稼げたかも^^;)
ただし、効果があったらすぐに噴水は撤去しなければならない。撤去しないとどうなるかはやっていないのでわかりません^^;
だから、この噴水セットはしばらく相場を休んでいてから再開する時に設置するようにして、それ以外のときは保管しています。そういうもんだと思って使ってください。

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

「フライングスター風水術 「五鬼城門」の噴水には、これがお勧め!」への2件のフィードバック

    1. 自分は厳密にいうと気学を学んでいたので、風水に関しては興味はあるものの正確に実行するには非常に難しいと考えています。でも、実行可能な方法を紹介されていたのでやってみた次第。で、お手軽に使える噴水をいろいろと探したら、この噴水に至ったということです。どの業界でもある、誰と誰が諍いを起こそうが、私には関わり合いがないことだというスタンスでいるようにしています。なんとなれば、私は風水を生業にはしていませんからね。批判できるほどの知見もありません^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください