西川リビング 快圧Σ:人生の三分の一は寝ているのだから Part2

かみさんが、枕が合わないことから朝方の肩、首の強張りを訴えてきたので、俺の快圧Σで寝ること試させた。
翌朝はほとんど凝りがなく肩から手にかけての痺れも軽減したということで、かみさんに俺の快圧Σを譲ることにした。
で、俺用の快圧Σを入手しなければならないww
amazonで探すが相変わらず高値安定。

んじゃ、楽天はと言うと

で、結局、前回のブログと同じヤフオクのショップを見つけるとハードタイプ(120ニュートン)があって、送料を入れて52000円弱。即決価格じゃなかったのだが何とか落札。
届いてみるとカバーの柄や中身に若干の変化があった。
左がハードタイプ、右がいままでの快圧Σ。
サイド面
img_0573
トップ面 色と柄がはっきりと違うので俺のマットレスとかみさんのを間違うって事はない。
img_0574
カバーを開けると中のスポンジが見えるが微かに黒いスポンジが見えるだろうか?
img_0575
このスポンジで125ニュートンの固さになっているし、構造的に蒸れを逃がすようになっている。
こいつのおかげで、俺も健やかな朝を迎えられたww
追記:
ハードタイプだと肩から背中にかけて強張る事はないんだが腰がだるくなるww 固すぎたんだあとつぶやいていたら、かみさんが「私の足の部分と交換したら?」とありがたいお言葉。
早速、交換してみると腰の部分は柔らかめで、これなら何とか背中も腰も健やかになりそうww
若干、境目(ようはスタンダードタイプとハードタイプが隣接しているので)が気になるが、明日の朝はどうなることやら・・・
追記2:
結局、かみさんがこのハードタイプを使うことになって、俺は元のスタンダードに戻ったww
それでも腰が多少だるいので、腿の下にクッションを入れて寝ている。どうも、腰の使いすぎのようで、その疲労が取りきれていないようだ。ゴルフの練習のせいなんだろうか・・・
追記3: 2016/1/12
なんとなく、このハードタイプに戻したww このところ、ケトルベルの後背筋と大臀筋まわりを鍛えるトレーニングを復活させたことや腿の裏側あたりのストレッチを十分に行うことで腰のだるさがないことから試したわけ。
で、スタンダードやマニュフレックスだと肩から首がどうしてもすっきりしていなかったのが改善された気がする。もう少し、試してみないといけないけどいい傾向じゃないかな?

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください