SEA TO SUMMIT ウルトラSIL デイパック:パッカブルのデイパックは使えるぞ

ご近所のバーにシガーを持っていったり図書館に本を仮に行ったりする時には、EDWINのジーンズをかった時にもらったノベルティのトートバッグを使っている。
img_0713
(ムック本が丁度入るくらいの大きさ)
それなり重宝しているんだがジッパーが付いていないので(トートバッグだしね)小さなもの、例えばライターやカッターには気を遣う。それらに気を使わずに済ませたいと思えば、中学生の頃に使っていたナップザックあたりを選ぶことになる。でもね、NikeやAddidas辺りが出しているけど別段工夫があるわけじゃない。背負うストラップも、ようはただの紐ww
それで、先日、アウトドアショップに行った際にパッカブルのバッグコーナーを覗くと随分充実していた。
それで、色々と広げられたサンプルを見比べてゲットしたのがこれ。

色は青と黒のコンビ。サイズはスマホ(Xperia Z1 fSO-02F))と比べても小さいのがわかる。素材もCORDURAなので耐久性があり撥水加工もされている。内容量は20Lで重量は68g。
img_0715
収納部の上にはキーリングなどに留めるためのスナップが付いている。
img_0716
で、まず、中身を出した状態。きれいに畳まれている。クシャクシャと適当に畳んでいくタイプではないようだww 色が色ならなんか、なまこみたいだよねww
img_0717
広げると裏返しになっている。
img_0718
で、表にする。
img_0719
ジッパーもダブルだしストラップも普通に調整できる。
img_0722
img_0723
手近にあったとーとバックや箱やらww 放り込んでみる。
img_0721
こんな感じで使えるので、旅行などにバッグに放り込んでおけば大きな荷物はホテルにおいて、必要なものだけこのデイバッグに入れて行動できる。
あるいは、重量の軽さをメリットとしてトレイルランの際に携行するバッグにも使えそうだ。

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください