ロック式のペグ 弦の交換方法がわかった気がするww

Pacifica 611のペグはGrover製のロック式のペグなんだが、502Gみたいにサムホイールが付いていて、それを回せばロックがかかる方式とは違うタイプ。
一応、こんなタグが付いてきていた。
img_0638
簡単に訳すと
1.ストリングポストをカチッってなるまで回す。そうすると穴が直線になる。
2.穴はオフセンターしているので(つまり、真っ直ぐに中心を通っていない)ノブを回して穴がノブから離れるように(?)する。弦を上から下に通してきつく引っ張る。(イラストを参照のこと
3.ノブを回してチューニングする。最初は中のロッキングカムだけが回って弦をロックする。一度、弦がロックされれば外側のポストだけ回転する。
ってことなんだが、どうも、ピンとこないかったので、ググってみたが以下の様なサイトの説明しか見当たらない。
Power Up!ギター入門
だが、これを読んだところでわかるわけがないww
だから、買ってから今日まで弦を張り替えていなかった^^;
ペグとロックが別のパターンって表現がサムホイールのことだとわかったのは、このエントリーを書き始めてからだww
また、PacificaのGroverにはキャップが着いている訳じゃないから上から押したところで意味がなかったorz
とまあ、そんなわけで、GWも最終日と言うことで意を決して^^; 弦を張り替えることにした。
で、はずすのは簡単、当たり前。
新しい弦をギターの後ろの穴から通すんだけど、これが意外とすんなり行かない。光にかざせば穴が見えるんだけどね。
弦をはずした状態はこれ。(画像1)
img_0634
で、指示通りにポストを回すと確かにカチッって音がする。こんな感じか?
img_0636
穴が真っ直ぐじゃないから通す時にちょっと手間取る。
で、引っ張った状態。(角度の関係で縦に穴がある状態で通しているように見えるけどね)
img_0637
こんな状態でノブを回していくと・・・気が付くとロックされていたww
実は最初、普通のペグのつもりで縦に穴がある状態(画像1ね)で弦を通してペグを回すも空回りっつかロックされないんで説明書きを読み直した次第。
ロック式はいくつかパターンがあるわけなので、Groverで俺と同じ場合には参考になると思う。
また、サムホイール式ってのはこんな感じ。
img58408181
サムホイールを回すことでロックする方がわかりやすそうだね。
もしかしたら、この502Cや502Gタイプのペグを使う人が多くて迷うことがないので、ググっても張り方が見当たらないのかもww
って事は、このエントリーはPadifica 611ユーザーだけに役立つのかしらん・・・

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください