証明写真を安く済ますには? 猟銃所持許可証がそろそろ更新だから

猟銃の免許証の更新時期が今月に迫ってきた。もちろん、経験者講習も技能講習も受講済なので、後は友人の医師に診断書を書いてもらい、他の必要書類を揃えて申請するだけなんだが・・・

証明写真って街中のブースで写してもなんとも言えない微妙な映りになる。それでいて、800円くらいするわけで。800円あればラーメンを食う方を俺は優先する!と言う方は結構いるに違いない。なので、コンビニプリントを前提としてどんな方法を取るのが最善か人柱になることにしたww

で、結論としてはiPhone対応アプリの「履歴書カメラ」が今のところ最善だろうと思った。

で、何がいいかというと以下の通り。

・自撮りにも対応

・背景をホワイトに飛ばしてくれるので背景をあまり気にしなくてもいい。(とは言え、白っぽい壁を背景に選ばないとダメよ)

・顔色を健康的にしたりと修正できる(修正方法も3種類なので迷わずに済むww)

・切り取り線の位置がわかりやすく、また、切る段取りも楽。

・3㎝X2.4㎝以外の証明写真にも対応

他に試してみたものと言えば、iPadで撮影した画像をGura Shotというソフトで加工する方法がある。(Gurushotsとお間違えなく)  上記のアプリと異なり、こちらのソフトでは既存の画像を利用して作ることができるのでデジカメを使ってよりきれいに写した画像(まあ、iPhoneの方が写りがいい場合もあるが^^;)を利用できる。使い方も簡単で画像ファイルをドロップして顔の中央線と頭・あごのラインを揃えるだけ。

こちらの問題は背景部分は採用した画像そのままなので、影が残っていたりするとそれを消す加工が必要だったり、セブンイレブンのマルチコピー機だと解像度が若干落ちること。

結果的に人柱としては4回のプリントをセブンイレブンで試したので、最終的には30円x4回で120円がかかった費用^^; 800円かけることを思えばお安いものです。で、この記事を読んだ方は30円で済むわけですww

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください