イヤフォン交換 audio-technica ATH-CKX9 その後

iTuneをPCで付けっぱなしにしてATH-CKX9を50時間程度エージングした。
結論から言えば当初に感じた高音の伸びの物足りなさは改善された・・・気がする。
高音がしっかりとしてきて低音とのバランスが取れたと言うべきか?
どちらにせよ、エージングによる顕著な音質の改善と言うものを初めて経験したので、一寸した驚き。
スピーカーでかつウッドパネルのものならばなんとなくありそうな都市伝説って捉え方だったのだが、個人の感覚とは言え改善したと感じるのは面白いし、これから使い込んでいけばよりバランスが良くなるかもしれない。
実際、ウォーキングで聴きながらでありながら、ボブ・ディランの「ジョーイ」なんて曲のハーモニカが割りとはっきり聴こえて来るってのは、このATH-CKX9の性能の高さじゃないかとは思う。
ATH-CKX7やATH-CKX5は性質が違うってことらしいが、それはそれで興味があるね。音の入口と出口はやっぱり大事だしそれなりのチューニングなんぞも必要だと言うのは事実だろうって結論。

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください