西川リビング 快圧Σ:人生、三分の一は眠っているから・・・ Part1

8時間睡眠の場合で、人は人生の三分の一は寝ていることになる。ビジネスマンならば三分の一を過ごす時のスーツにいくら掛ける? 俺はだいたい7-8万円のスーツを着ていた。体系が特殊なのでブランドを選ばなきゃならなかった。ティモシー・エヴェレストがベスト。なので、青山はありえなかったww
それを勘案すれば、まあ、妥当な価格だったろうと思う。
で、このブログにたどり着いた人はいくらのスーツを着ている? ってことではなくて、そのスーツ位の金を寝具に掛けているだろうかと言うお話。
俺は密度が高い体なのでww寝具を選ぶ体です。疲れていても、寝ているのが10時間を越えると腰が痛くなったりした。そこで色々と検討して4年前に購入したのがマニフレックス。おかげで朝起きた時の腰のだるさはなくなった。
しかし、ここへきて、肩関節周囲炎を起こし普通に寝ていても肩が痛んで寝られない状況になっていた。ふと気がつくと、10年保証のはずのマニフレックスがなんとへたってきているのに気がついた。手で触ると体の形にやや窪んでいる。で、保証してもらおうかと思って調べたが、どうやら、この程度じゃ駄目らしい。視認できるへたれ具合は20%が目処らしいので、10cm程度の厚みが8cmにはならないと保証されないってことorz
で、凹んでいてもしょうがないので色々と調べてみると、西川ふとんの快圧Σってのが評判がいい。それで早速調べてみると、小売価格は割とお高くて7万円越え。一時は楽天でも51500円で売られていたんだが・・・
[amazonjs asin=”B00NW387C0″ locale=”JP” title=”西川 リビング 快圧ふとんΣ ハード TFP57B ワイドシングル 11×97×200cm ベージュ 2441-24046″]

で、結局は、ヤフオクでたまたま新品を見つけて41350円なり。週が明けて届いたのであるが収納袋もついてきた。で、表面はこんな感じ。凸部が生地から透けてわかる。なるほどね、これで支えるってわけだ。
img_0257
で、六畳間に敷いた感じはこんな風。マンションサイズの六畳だけど横でも縦でも大丈夫。マニフレックスの三つ折タイプと同サイズ。(俺が使っていたマニフレックスは急な来客用にとっておくんだが、快圧Σについていた収納袋にぴったり収まったww)
img_0258
ブラウンのマットレスカバーはマニフレックス用に買ったものでこれまたぴったり。
寝心地は確かに評判どおり。横向きで寝ることが多い俺にはマニフレックスよりも合っているかもしれない。寝返りは確かに楽で仰向け状態が続かないのだろう。まあ、肩の痛みは相変わらずあるんだけど、寝方を色々と試してみようと思っているところ。
続報はおって・・・

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください