日立工機 14.4V高圧洗浄機:マンションじゃ充電式じゃないと高圧洗浄機は使えない

今までは手押しで空気を圧縮して使う、準高圧洗浄機wwを使っていたが、さすがに黄砂のしつこい汚れが車に付くと落とせないと言うことに気づいた^^; それで高圧洗浄機をやっぱり買おうと思ったのだが、一般的な高圧洗浄機はコンセントから電源を取り水道にホースを接続するか、バケツ状のところに入れてそこから給水することになる。ところがそうなると電源は駐車場のそばにあるコンセントから管理人に断って使わせてもらうか(そういった電気代は100円にも満たないだろうから、修繕用の小口現金に入れてもらうなりすれば申し訳は立つだろう)すればいいが、給水は難しい。できないわけじゃないけど。また、自室のベランダで窓ガラスや網戸の洗浄をしたい時には無理な話。

それで、充電式で給水タンク付の高圧洗浄機を探した。意外と少なくて、アイリスオーヤマとよくわからないメーカーと日立工機の三社くらいしか作っていない。ここで考えなきゃいけないのは当然、価格ではなくて洗浄機としての能力と駆動時間など基本的な仕様。そうするとおのずから駆動時間が長く充電池が交換できる日立工機になる。また、日立工機のメリットは充電地の使い回しが効くので、マキタの掃除機はかみさんの実家送りにしてww 自宅用には日立工機の掃除機に買い替えて、ドライバードリルも日立工機製に買い換えて、ついでに充電式のライトなんかも購入すれば(充電池なしのタイプだとかなり安く手に入る)メーカー統一が可能で何かと便利と言うこと。ということで、以下の製品を購入した。ちなみに、18Vと14.4Vでは水圧は同じで駆動時間が違うだけなので14.4Vで十分と判断した。ドライバードリルも14.4Vで買う予定なので問題ない。もちろん、18Vで統一する方法もあり。


充電池を既に持っていれば、本体のみで。

で、届いたものですが、背面に充電地を入れるようになっている。

タンクをはずすと

 

はずしたところを上から見るとこんな感じで給水部分がわかる。手前が放水ガンとホースを収納するポケットです。

実際にベランダの汚れを落としているところのムービーです。

音はムービーでは大人し目に聞こえますが、それは洗浄機本体を家に入れて窓を半分閉めているからww 実際はかなり五月蝿いので夜中には使えません。平日の日中が望ましい。とは言え、ベランダの床の本来の色ってこんな明るめのグレーだったのねと言うのがわかるくらいに洗浄能力はあります。マンションで使うには、これ以外にはないでしょうね。収納もホースとガン部分を本体についているポケットに入れることができるので場所もとりませんし、きれいに収まります。

 

 

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください