Bosch エアロツイン:A1のワイパーブレード交換

車検を2ヵ月後に控えて、前から気になっていたワイパーブレードの交換を行った。オーナーなら誰もが知っていると思うが、A1のワイパーのばたつきは相当なもの。高速時は問題ないが市街地で遅くなると、とたんにばたつき始める。だから、停車する都度ワイパーを停止なんてことをしないといけない。それが少しでも改善されないかとググって見ると一部の人がワイパーブレードを交換して対応している。それで、俺もこのボッシュのエアロツインに期待してみることにした。うちのA1は形式が8XCAXになるので、エアロツインの型番は3397007556になる。なお、これは右ハンドル。並行輸入で左ハンドルをもっているならば型番の最後が6→5になるそうな。

はずし方はマニュアルを読めばわかるけど・・・一応記載。「イグニッションを一度ONにしてからOFFにして10秒以内にワイパーを1回動かすように(つまり、下に一回動かす)作動させると、中間の交換位置で止まる。そこで、ワイパーを立てて交換する」 ああ、プログレに比べてなんて簡単なんだろうww

で、並べたところ。上が純正で下がエアロツイン。

エアロツインの方がRがやや緩やか?

両端部分の違い

エアロツインがやや長い。

接合部分が最も違う。上が純正。下がエアロツイン。

並べてみると

こうして比べてみると、接合部分の動き方が形状から見て違うことが推測される。こちらの方が大きい分、また、Rが緩やかな分、フロントガラスにしっかりと押し付けられるんじゃないだろうか?

で、当面、雨が降りそうもないので実地レポートはお預けww 使ってみたら、追記します。

追記:2017/6/6

雨が降った時に乗ってみたのだが、ガタガタとばたつくのは変わらなかったorz 根本的なA1(と言うか、Audiが)の問題なのねww 高速走行時は雨を経験していないのですが逆に高速では問題ないはずなんで意味がありませんな。

 

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください