Windows10はリテールを買おう

引き籠り生活の一環で新規にPCを作った^^; で、どんなPCを作ったか的な備忘録はあんまりいらないだろうから、役立ちそうなことは書こうと。で、タイトルの件。俺が前回(2018年)自作した時にはUSBメモリのインストールメディア+ライセンスのリテール版。価格的にはDSP版やOEM版あるいはヤフオクでWindows7の廃棄PCのライセンスをゲットする方法が安いのは事実。だけど、ライセンス規約上はOEM版もDSP版も制限は厳しい。OEM版は原則的にメモリ増設だとかグラボを追加するとか、CPUをアップグレードする位が許容されている範囲。DSP版は一緒についてくる部品を一応使い続けないとライセンス違反になる。まあ、だから、PCI接続のLANカードみたいな付けっぱなしにしていられてマザボが変わったりしても大丈夫そうな部品とセット販売になるわけだ。一方で、OEM版だとヤフオクなどでプロダクトキーだけ売られていることがあるが、厳密にいえばライセンス規約上は違反になる。事実、オンライン認証が通らないで電話認証をかけたらOEM版だからダメですと言われた方もいる様子。

で、自分のようにリテールライセンスだと前のPCを廃棄して、1台に1ライセンスを使うならば規約上問題ないし、どうせ、新規に自作したらSSDも買い換えてクリーンインストールするのだから手間は変わらない。なので、結局、リテールライセンスがお得という話。リテールライセンスも以下のように旧パッケージで2018年版ならば安く手に入る。(2020年4月27日現在売り切れでした)

2019年版でもMSストアで買うよりは安い。

 

Bauhutte BHD-800CM-BK:スライダー付きデスクの逸品

今まで使っていたデスクを家内から譲ってもらい使っていたが、ディスプレイアームやキーボードの位置関係などから、デスクの高さが微妙に高い。当初はキーボードスライダーの単品を買おうと思ったが、当該デスクが実は天板が空洞じゃね?と感じられたことから、以下のスライダーを購入。

ところが、いざ使うと低すぎるし、エルゴヒューマンの椅子のアームと干渉する。やはり、スライダー付きのデスクかと物色するも、どうも高さが合わない。んじゃ、高さが昇降できて合わせられるデスクがいいんじゃないかと探すが、意外と少なくて、結果的に選んだのがこちらのバウヒュッテ。昇降した場合にキーボードの高さがどれくらい変わるか、事前に代理店にメールで問い合わせをすると、

「お問い合せいただきましたゲーミングデスク(型番:BHD-800CM)の
キーボードスライダーの天面高ですが、約530mmから740mmの昇降範囲になります」とのことで、俺が望む高さ、つまり、610㎜程度が十分にクリアされる。

 

購入したのは実はA-Priceさんだっだけど^^;

 

前のデスクよりも10㎝横幅が狭いことから、プリンターが縦方向だけど置けて、更に机の下に置いていたPCもデスク横に置くことができた。こんな感じ。ディスプレイEIZOの23インチなのでサイズ感はつかめると思う。実はディスプレイアームを使うつもりが、とある事情で家内の机に設置せざるを得なくなり、俺のディスプレイは元の脚部を使うことになった。まあ、不満が出てから買い直してもいいことなので。

また、スライダーを出したところ。使っているロジクールのK360が小振りのキーボードなので左右に十分に余裕があり、また、光学マウスがパッドなしで問題なく稼働する。

このスライダーと腿の間はこぶし一つ分あるので余裕もある、また、デスクの天板の高さもコーヒーを置いたりすると、実はとりやすかったりする。天板トップで730㎜なり。

部屋の入口に立つと黒がしまった色で部屋全体が広く感じるのはいいこと。なお、天板はメラミン加工された鉄板のようでざらざらしているので、このデスクの上で字を書いたりする目的には合わないので気を付けましょう。名称もゲーミングデスクだしねww