この頃のバリカンって凄いよ

髪を昨年の今頃から伸ばして、現在はポニーテール&2ブロックにしている。2ブロック部分の長さは6㎜。この2ブロックというスタイルがメンテナンスが結構大変だとわかった。伸びると見苦しいのさww そのうえ、行きつけの床屋の従業員が独立やら退職やらで店長が一人で切り盛りすることになって予約が取りづらいことこの上ない。今までは、行きたいなと思った朝に電話すれば、遅くても午後5時くらいまでの時間が予約できたのが、この頃は4日位先まで埋まっている。で、しょうがないから自分で刈るかと。後ろの部分はかみさんに頼めばいいだろうと、Amazonを物色して評判がいいパナソニックのER-GF80ってのを購入した。

結論から言うと、2回既に使って元は取れたww よくできています。こんな感じでセットがケースに入っています。

バリカンも水洗いできるようになっていて、刃も取りはずせる。シャッターを開けるとこんな感じ。ここにビューっと水をかけてもOK。

で、俺が使うのは3⇔6㎜のアタッチメント。アタッチメントを付けると角度もついて、その角度通りに髭剃りみたいに滑らせればいい。

それ以外にもカット長を70㎜から10㎜刻みに調節できるのでかなりいろいろなカットができそう。実際にスタイルブックも同梱されていて、様々なカット方法が図解されている。

子供の散髪ならば、これ1台で充分かもしれない。実際、俺の2ブロックも2週間ごとのバリカンで維持できているww ポニーテール部分のメンテはできないから、そればかりは6週間目か8週間目に床屋に行けばいいやって割り切りまでできましたww 髪形を変えたのは正解だったかもと思わせる今日この頃・・・

なお、これ以外にも散髪マントは必須です。で、散髪マントを付ける時は床屋でやるようにタオルを首に巻き付けないとシャワーでも浴びないと首筋に着いた髪の毛が取れませんww

収監されたわけじゃないけど^^; 「プリズナー・トレーニング」を始めた。

ケトルベルで肩を痛めて以来、自重トレーニングだけをしていたけど正直マンネリ化は気になっていた。現在の体形を維持できればいいかなくらいの感覚だから、どこかを強化しようとか考えていたわけではないから。

ところが、たまたま、Amazonで見つけた(と言うよりもアルゴリズムが表示したんだろうなww)トレーニング教本が気になって購入したのが5月。それから三ヶ月の間、真面目に取り組んでみたが、驚きとともに効果を実感している。ちなみに、原題は”Convict Conditioning”だから、犯罪者のトレーニングって訳すよりも分かりやすいよねww さて、

この本で紹介されているトレーニングは地味だし、ジムに通うことが好きな人にも意味がない。必ずステップの通りに行うことを求められているから、辛抱強くトレーニングを行うこと自体に意味を見出すタイプのメンタリティーがなければ役に立たない。だけど、確実に効果がある。驚きとともに実感した効果ってのも実は考えようによっては地味なことなんだけど^^; 以下の2点。

1.思わぬところに筋肉が付いた。それは以下の画像で示した右手上腕部の腕橈骨筋(わんとうこつきん)である。(もし、詳しい方がいて間違いであれば指摘してほしい)上直径で5㎝程度の個所の筋肉が盛り上がってきたのである。今までも懸垂をやっていたわけだから、なんでついたのかわからない。だけど、付いた事実がある。

2.クレー射撃で肩を使った翌日やトレーニングの翌日以降に右肩に痛みが出ることがなくなった。ある日気が付いたら痛みがなかったというのが正確な表現かな? それまでは、射撃に行った後には肩をアイシングしていたし、ゴルフの練習の後にアイシングを忘れるとてきめんに翌日痛みが出て数日は続いた。それが今では全くでない。本著では、このトレーニングが肩などの関節を保護し関節を強化すると書かれていたがまさにその通りだった。

この2点だけをとっても効果を実感しているのだけど、それ以外にも大胸筋の影が深くなったり、前腕部の筋肉群が力を入れるとくっきりとするようになったりと自覚することはある。ジムに通うばかりがトレーニングではないし、自分で高校時代からトレーニングを始めた時も、今思えば、自重トレーニングだった。ステップ1だけでこれだけ効果があるので、お勧めする次第。ただし、トレーニングの写真が全て白黒だし鮮明とは言えないのでキンドル版はお勧めしないし、ステップ2になると鉄棒がある公園などではないと自宅では少々やりにくいトレーニングがある。ステップ1をやりながら、2を見据えて、使える公園を確保するべしww