MineoでZenfon2 Laserを使うためには:その3

とりあえず、かみさんが電話を使えるようにと悪戦苦闘した際に初期化などしたものだから、折角、データ移行のウィザードで移すことが出来た連絡先をまた移行させないといけないってことで、これが嵌る原因となるww

結論から言えば、素直にウィザードを使うべき。iPhone5cとの間でBluetoothを使ってデータ移行するのだが連絡先だけは問題なく移行できた。

だから、もう一度初期化してウィザードが起動したら、それで移行すれば早かったんだが、へたにGoogle(厳密に言うとgmailの連絡先)を使って移行しようとしたものだから試行錯誤することになったのだ。

基本的な問題は実はZenfonそのものにあると思う。こちらのサイトにある方法を取ったのだがうまくいかないのだ。端末側でgmailを設定して同期をすれば連絡先も同期されて電話アプリの連絡先に表示されると思ったが、そうじゃなかったのである。俺のスマホはHuaweiのP8だがgoogleアカウントの設定で何の問題もなく同期されたので同じだと思ったがそう簡単にはいかなかった。手順は以下の通り。

1.iPhone5cの連絡先をiCloudにアップロード

2.PC上でiCloudから連絡先をエクスポート。この際にはVcard形式でファイルとしてエクスポートするのでPCが必要。しかも、このエクスポートはFirefoxからじゃないとできない。ChromeもIEもエクスポートエラーが出るww

3.エクスポートされたVcard形式のファイルをWebブラウザ上のgmailでインポートする。こうするとgmailの連絡先が無事表示される。

4.ZenfonのChromeでgmailを開いて、旧Google contactsというページに行く。で、このページから連絡先を本体にエクスポートする。

5.次に電話アプリを開いて連絡先をインポートする。メニューとしてGoogleとデバイス(端末)が出るので、デバイスを選ぶ。こうして、やっと連絡先が電話アプリの連絡先に移行される。

この手順は色々とググって次のページからの情報を拾って試行錯誤したものなので書く手順の画面を調べたい場合は調べてみてください。で、よくよく考えたら、PCにVcardフィルをダウンロードした段階でZenfonをPCと接続してVardをZenfonにコピーすりゃ良かったんじゃないかと・・・手間かけすぎましたわww

iPhoneの電話帳をアンドロイドに移行する方法 普通はこの方法で問題ないはず。  Zenfonが同期してくれないのが最大の問題ですな。

iPhoneからZenfon2へ電話連絡先を移す方法

Zenfonの電話帳データの移行

 

MineoでZenfon2 Laserを使うためには:その2

2月4日にSIMカードをVoLTE対応SIMに変更する旨、マイページから申し込みをして今日(7日)に届いた。このVoLTE対応SIMはスマホがNanoSIMでもMicroSIMでも対応できるような作りになっている。つまり、NanoSIMの回りにも切れ目が入っていてはずせるようになっている。

さて、早速、マイページから回線の切替をする。すると、以下のようなメールが届いた。

==============================================

XXXX様

いつもmineoサービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび、SIMカード切り替えの手続きを受け付けいたしました。
※デュアルタイプの場合、音声通話とデータ通信の回線切り替えタイミングが異なる場合がございます。

≪旧SIMカードがAプランのお客さま≫
お手持ちのSIMカードは返却不要ですので、お客さまご自身で破棄いただきますようお願いいたします。

≪旧SIMカードがDプランのお客さま≫
お手持ちのSIMカードは下記住所までご返却いただきますようお願いいたします。
※送料はお客さま負担となります。
※端末や付属品などをご返却いただく必要はございません。

==============================================

当該SIMを入れて電源を入れて、設定からAPNをMineo(au)を選ぶ。すると、あっさりと開通ww 結局、ここが全ての問題でした。

なので、iPhoneからAndroidに移行する場合は注意が必要です。で、この後は連絡先の移行ではまるww

MineoでZenfon2 Laserを使うためには:その1

かみさんも老眼が進みiPhone5cでは文字が見難くなったということで買い替えを検討。

かみさんはMineoのauタイプを利用しているので、こちらのページから対応しているSIMフリー機を探した。で、結論としては画面がそこそこ持ちやすい筐体でってことでZenfon2 Laserになった。

[amazonjs asin=”B012SXM6XU” locale=”JP” title=”エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone 2 Laser(Qualcomm Snapdragon 410/メモリ 2GB)16GB ホワイト ZE500KL-WH16″]

ま、本機については色々と語っているブログがあるだろうから、ここでは語らず、俺と同じようなパターンに嵌るかもしれない人がいるのでww その対応を。

同じようにiPhoneから機種変更をする人へ。まず、Mineoのマイページからau-VoLTEのSIMカードに変更しましょう! それだけで、あなたは俺のようには嵌りませんww どういうことかと言えば、auの3G音声通話に対応しているのは(たぶん)iPhoneだけってことです。それ以外のSIMフリー機はVoLTEによって音声通話も可能になるからです。

俺がどういう風に嵌ったかと言えば、まず、iPhoneに入れたSIMを(アダプターは使うけど)そのまま、ZenFone 2 Laserに入れて使えると思った点に間違いがあったわけでAPNを正確に入力して設定しても、データ通信は出来ても音声通信は「モバイルネットワークが利用できません」というメッセージが表示されてつながらない。そこでググって、まず、システムが6.0.1以上じゃないと使えないと気がついてバージョンアップ。ところが、それでもつながらないので、SIMの刺し直し、セーフモードでの起動、初期化での起動と進むも一向に埒があかない。

で、Mineoのサポートページにチャットがあるのでサポートをお願いして状況を説明すると、サポート担当者から「VoLTEのSIMですか?」と質問があり、その時点ではiPhoneで使用できていたのでてっきりVoLTE対応のSIMを使っていたと勘違いしていた。だから、担当者から「回線の切替はお済ですか?」という質問に対して「?」となったのである。そこからはSIMはそのままアダプターで対応していると回答すると「アダプター使用は検証していないので、サイズが合った(ZenFone 2 LaserはMicroサイズなので)SIMに交換してくださいませんか?」と最終回答でチャットを終えたのだ。

この時になってやっと理解した。VoLTE対応SIMじゃないと音声駄目だww さっそく、Mineoのマイページに行ってメニューからSIM交換のメニューに飛んだ。すると、そこにはサイズ変更に加えてVoLTE対応SIMに交換と言うラジオボタンが^^; そこか、これだと即ポチッとして交換手続きをした。

てな訳で、VoLTE対応SIMが届いたら、その後の続きを・・・・