リョービ S-203P :ドアが静かに閉まらなくなったら

先日、ドアがガガガガッという感じで音を立ててしまった。なんじゃと思って調べてみると、ドアクローザーのアーム部分のネジが緩んでいた。この部分ね。(わかりやすいように画像では緩めてあるけど)
ちなみに、我が家のドアのドアクローザーはMIWA製。
img_1324
ここをしっかりと閉めても、ドアが最後のところでばたんと大きな音を立てて閉まるのは変らず。
で、ググって見るとこのドアクローザーにも寿命があるのね。15年程度ということで、とっくに交換時期。
で、部材を調べてみるとあえて同じMIWAにしなくてもリョービで万能型を出していることがわかった。
[amazonjs asin=”B003LWV616″ locale=”JP” title=”取替用ドアクローザー S203P C-1 ブロンズ”]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【リョービ】取替用ドアクローザーS-203P ブロンズ色
価格:6600円(税込、送料別) (2016/11/25時点)

 

 

で、早速、安い楽天で購入。なお、拙宅は金属製ドアで重量があるので203。木製などは202です。
開封の儀ww
img_1319
本体部分 取り付け版がどのメーカーでも合うようにネジ穴をいくつか開けてある。
img_1320
アーム部分とブラケット 万能型の由来はブラケットの形状が自在でどんな穴が開いていても(基本的には規格品だから)合わせられる。
img_1321
img_1322
で、早速、交換しようとしたが・・・・
既存のドアクローザーの本体部分を取り付けているネジが固着ww 困った。困った時はググろうということで調べると、インパクトドライバーを使ってはずせそうとわかった。
で、インパクトドライバーも色々あって、どれにするか迷った末に以下のものを購入。すぐに手元に欲しかったのでamazonを利用。

・アネックス(ANEX) ネジとりインパクト No.1903-N

・アネックス(ANEX) ネジすべり止め液 No.40

・アネックス(ANEX) ビスブレーカードライバー +2×100 No.3960

・KURE(呉工業) 5-56 無香性 ペンタイプ (8ml)

ねじを完全にはなめていないので、556のペンタイプでネジの回りに潤滑油を染み込ませて1日放置。
で、翌日、滑り止め液をネジに塗りネジ取りインパクトで叩く、叩く、叩くww
幸い、ネジを切るバイトを使うことなくはずすことができた。緩んだ後は、ビスブレーカードライバーではずす。これはドライバーとしても優秀。握りが楕円形で力が掛けやすい。貫通ドライバーでもあるのでイザという時にも叩ける頼りになる奴ってことで。
ブラケット側のネジも固着していたので結構な時間がかかってしまった。
上記の過程を4本分。結構な騒音ですなww
取り付けにはこちらのサイトを見ながらやれば、説明書の細かい字を見なくても簡単に出来る。
とは言え、説明書に書かれていてWebでは抜けている部分を補足しておこう。
ブラケットや取り付け版や本体については、2種類あるネジのどちらかで対応できる。既存のドアクローザーに使われていたネジにあわせられるようになっているんだが、違いは長さです。
で、短い方のネジには緑色の固着剤が付いているものがあるので注意。これは、アームの固定の際にワッシャーと一緒に使うネジ。

ブラケットもWebサイトに書かれていた寸法で問題ないので無事取り付け。
img_1331
という訳で、途中の画像はWebサイトと大差ないので完成した様子だけww
交換前
img_1194
交換後
img_1333
それほど違いはないでしょ?
ドアの開け閉めをしてみたけど、スピードも特に調整する必要はなく、最後も静かに閉まりました。
で、マンションなのでストッパー機能は使わず。(建築法によって防火扉にはストッパーを使ってはいけないから)
このストッパー機能を使うか、使わないかに関わらず、どちらかをしっかりやって調整ボルトしっかりと最後に閉めるのを忘れないようにしましょう。

フライングスター風水術 「五鬼城門」の噴水には、これがお勧め!

フライングスター風水術って何かというのは、以下の書籍を読んでもらうしかなくてww 既に読んでいる人で「五鬼城門」をやってみたい人のために、このエントリーをアップしました。
[amazonjs asin=”4896342992″ locale=”JP” title=”フライング・スター風水術―人生が劇的に変わる実践香港風水”]

五鬼城門についての説明は当然省きますが、上記の書籍を読んで試してみたいと考えても、そうそう簡単に噴水は入手できませんな。しかも、マンション住まいとなるとベランダ設置になるので、電源を取れないという問題がある。
そこで、ソーラー発電で電力が供給できるタイプの噴水があれば継続的に噴水の効果を維持できると考えたわけです。
で、探しましたよ。楽天やらamazonやらで。
で、ありましたので、もちろん、ポチリました。

 

[amazonjs asin=”B00D3HE4TA” locale=”JP” title=”タカショー ソーラー ファウンテン カスケード”]

みかん箱くらいの段ボールで届きます。中にはうまい具合に噴水セットが入れられている。で、実際にベランダにセッティングするとこんな感じ。
img_1243-ea56f
この黒い小型ポンプで水を吸い上げて一番上のカメ(?)に水が入ってくる。
img_1246
カメの底に穴が開いていて、その穴を塞ぐように、パイプについたスポンジの栓を押し込む感じです。水が漏れることはありません。
img_1255
ただし、水がうまく流れるように、カメの角度や深皿の角度は調整する必要がある。
img_1256
で、このポンプはソーラー発電パネルと繋がっている。こんな感じで太陽に向けています。
img_1245
このパネルの裏側には、単三サイズのニッケル水素電池(エネループみたいな奴)4本を納めてあって、そこに充電しながら使うわけです。
で、曇りや雨の日は当然、充電できませんので、エネループの充電器を使って充電して半日程度は稼動できます。
もし、ベランダ側にコンセントを確保できるならば別売りの電源アダプタを使うこともできる。(充電池部分の蓋を開けた状態)
img_1257
本来は庭に設置することを考えられているので、杭でパネルを支えて土に差し込むことを前提としているけど、ベランダなんで刺さずに支えているだけww で、落ちないようにパネルの端に穴を開けて紐でベランダの手すりにくくりつけている。
img_1258
img_1259
で、肝心の「五鬼城門」の効果ですが・・・個人的な感想をいえば、この噴水のもとはとっくに取れていますww 確実に効果がある(繰り返します、個人的な見解ですww)本来の手段で稼げなくても、なんと、ヤフオクで想定外の高値がついた。(むしろ、この時期にヤフオクに出さなけりゃ本来の相場で大きく稼げたかも^^;)
ただし、効果があったらすぐに噴水は撤去しなければならない。撤去しないとどうなるかはやっていないのでわかりません^^;
だから、この噴水セットはしばらく相場を休んでいてから再開する時に設置するようにして、それ以外のときは保管しています。そういうもんだと思って使ってください。

オスプレー アトモス35:防災用バックパックを買い換えた

寄る年波には勝てずww いままでの60Lクラスのバックパックに防災用品を入れて移動するのは厳しくなっていて、取りあえずコロンビアの25Lクラスのデイパックに入れていたんだが、詰め込んでいるから重量バランスが悪いし現状以上には物が入らない。
それで買い替えを検討していた。対象としては30-35Lクラスかなと候補にしたのが以下のバックパックなど
・マウンテンダックス ピラー30R シフティ30R グランシャルモ35S
・オスプレー ケストレル28,38 アトモス35
・マーモット Kar30
現物も見に行ったんだが、背面長が気になる。胴が長い俺は51cmもありやがるww マウンテンダックスだと165cm以下がショート、166cm以上がレギュラーと言うことだが、シフティ30Rは47cmしかない。マーモットのKAR30にいたってはワンサイズで45cmしかない。
いくら、最寄の避難所に行く間だけ背負っていけばいいとは言え不安が残るわけさ。
また、トップローディングだとトップカバーを開けて、紐を緩めてと手間がかかる。そうなると、結果的にはアトモス35になるわけだ。Mサイズが背面長で46-52cmまでカバーしているので(オスプレーのサイトでは背面長は長いほうに合わした方がいい場合が多いとの事だけど予算がオーバーww)何とかいけるだろうと判断。
調べてみると、アトモス35も年度によって微妙に違う。最新だとウェスとベルトのポケットがメッシュ。これだとレザーマンを入れるとメッシュから飛び出しそうだし中身が見えるのは避難所ではよくない。ところが、amazonに出ているものだと旧タイプのようでメッシュではないし、他の機能的な部分もそれほど変っていない様子。で、ポイントも貯まっていたのでポチッた。(2020/3/10現在、残念ながら旧モデルも売り切れみたい。)

で、実際に届くと・・・うーん、色味が違う。いい意味で違っていて正解。amazonの画像よりもシックな色調でレンガ色に近いねえ。オキサイドレッドって酸化した赤って意味だが確かにそんな感じww
まず、全体像ですが、これは防災用品を詰め終わった状態。パネル面が亀の様にはならずほど良い状態でパックできた。
img_1215
img_1216
んじゃ、細部を紹介。
背面のメッシュパネル。確かにこれならば蒸れることはない。ハイキングに使うとしたらいい感じでしょう。
img_1217
サイド側から見ると
img_1221
フレームは太い針金状のもの。
img_1222
ウェストベルトの横が張り出していてホールド感を高めているのか?
img_1223
選択条件に挙げたウェストベルトのポケット。ペルツの小型ヘッドランプを入れてみた。反対側はレザーマン。
img_1218
img_1219
トップ部分はメインコンパートメントを挟むようにポケットが2つ付いている。
大きいほう。ファーストエイドキットや歯ブラシ、カトラリーセットなどを入れた。
img_1227
小さい方は身分証代わりのパスポートなど小物を。
img_1224
背面のメッシュポケットもしっかりとホールドされた状態で入れることが出来る。画像はレインカバーを試しに入れたところ。実際はウィンドブレーカー辺りを入れたりタオルを入れたりするのがいいのかしらん?
img_1225
ちなみに寝袋やパッドを止めるベルトも付いている。パッド(空気を入れて膨らませる奴)を実際につけてみた。
img_1226
おまけで防災じゃなくて本来の目的のハイキングや登山に使う人のためにww 噂のストックホルダー。紐の周りをビニールの筒で保護している。
img_1233
img_1234
それとハイドロパックを入れたときの吸い口を出すところ。左右にある。
img_1242
サイドのポケットはメッシュじゃないのでしっかりとしたホールド感があってよろしい。ペットボトルはこんな感じではいる。
img_1235
img_1236
右側はストラップでより強くホールドできる。
img_1237
img_1238
地味だけど使える機能としてチェストベルトについているホイッスル。吹いてみたけど美妙な音色ww
img_1220
ちなみに、チェストベルトの位置は上下に調整できる。ショルダーベルトにレールが付いていて、そこを滑らして調整する。
img_1243
で、今回入れたもの。
img_1228
食料品は水を入れるパスタを中心に水がなくてもそのまま食べられるものを。缶入りのパンは便利なので2缶。
img_1229
寝袋のインナーを入れてみた。アルミの寝袋も入れてあるので夏場も冬場もしのげて(避難所内を想定しているから)サイズもかさばらない。ビニールのマットも入れてみた。
img_1231
下着はスマートウール製の靴下やTシャツにして2、3日は居ても臭わないようにww 防虫剤も入れておいたww
img_1230
そして、最後に謎のジッパー。メインコンパートメントからアクセスできるんだがジッパーが裏でかつ引き手が付いていない。何に使うのこれ??
img_1241
考えてもしょうがないのでオスプレーのサイトで質問してみた。で、回答が以下の通り。

===========================================
日頃よりオスプレー製品をご愛用いただき、ありがとうございます。
アトモス35の背面パネルとメインコンパートメントをつなぐジッパーは
製品の組み立てや修理の際に使うものでございます。
(内蔵フレームを出し入れする時等に使います。)
ユーザーがお使いいただく機能ではため、逆向き、引き手なしになっております。
===========================================

なるほどね。
実際に背負った時も、ウェストベルトの中心が腰骨に当るので背面長も正解でした。
参考になれば幸いです。