蛇口のカルシウム汚れ 除去できなきゃ・・・交換する!

img_0386我が家ではキッチンの蛇口を一昨年にINAXのJF-6450SX(JW) という浄水器内蔵シャワーヘッドに交換している。しかしながら、2年程度でもカルシウム汚れがびっちり。
ググってみるとクエン酸を使えば落ちるらしいが、それでも手間も時間もかかるらしい。
じゃあ、もしかしたらヘッド部分だけ交換できないかと調べてみた。
まずはLIXILのサイトでこの蛇口を調べると取替え部品のページがちゃんとある。
そこからさらに展開図があってヘッド部分がA-5401という品番だとわかった。
ここまでわかれば、後は市販されているかどうか。amazonではなかったがYahoo!ショッピングで探すと見つかった。 Amazonでも扱うようになった。

で、2日ほどで届いた。部材だけあって質素な箱ww
img_0386
こんなヘッドです。
img_0387
使っていたヘッドと比べると・・・
img_0388
普段下向きで使っているだけに、汚れがわかりにくい。これは浄水器内蔵モデルだからヘッド交換が楽なわけで、そうでない普通の混合栓だと展開図はあってもその品番でYahoo!ショッピングなどを検索したら出てこない。
細かすぎて(部材として)プロしか扱っていないのだと思う。

YAMAHA Pacifica 611HFM 購入!

Ibanezのセミアコを使っていたが、どうしても4弦3フレットを押さえながら3弦の開放がきれいに弾けない。つまり、4弦を押さえている薬指の腹が3弦に触れてしまい音がにごるってこと。
それが教室の貸出用のYAMAHAのギターだとそこそこ弾ける。これはたぶんに弦高や各弦の間隔がIbanezとYMAHAで違っていて、YAMAHAのギターが俺に向いているのかもと思案を続け、結局、楽天のショップでポチったww
買ったのはPacifica611HFMというストラトタイプのモデル。本当はもう少し値段が張る奴でもよかったんだが、YAMAHAのラインナップでは10万円台がアーティストモデルしかない^^; まあ、中級タイプの上ってところか?
で、ググってみても意外とブログなどは引っ掛からず画像も少ないのでアップしてみることにした。
まずは、全体像はamazonに出ている画像を見てもらえばいいかと・・・色も同じルーセント・ブルー。

詳細なスペックはこちらのヤマハのサイトから。

色使いがなかなかおしゃれと思うのはネックの裏側。鮮やかな黄色。
img_0377
で、それぞれのパーツなんだが買ってから気付いたペグがロック式ということww グローバーの奴。
img_0372
で、いいなと思ったのがボリュームつまみの適度な重さ。Ibanezのものは軽くかつプラスティック。611HFMは金属製。また、ピックアップセレクタも単純なトグルスイッチじゃなくてしっかりとした感じのもの。
img_0374
img_0375
先に述べた弦高やら間隔やらに関係するかわからんが3フレットの幅はこんな感じ。
img_0376
裏面のストリング・ホールはこんな感じ。まだ、交換していないので通しやすいかどうはまだわかりませんww
img_0379
そうそう、Pacificaロゴも変更になったらしいのでアップします。
img_0380
で、肝心の「4弦3フレットを押さえながら3弦の開放がきれいに弾けるか」だが、指の立て方でなんとか出るようになった。Ibanezのセミアコではほぼできなかったのだが、こいつではできる。
やはり、手の大きさとか指の太さとかとの相性はあるみたいだ。
また、ピックアップによる音の違いもIbanezのピックアップに比べると明確に違いが出る。Jazzyな感じのやや柔らかめの音もRockな音もセレクタの3ポジションではっきりと違いがわかる。
ギター本体側で音をいじれるほうがいいなんて思って、EpiphoneのSG400も手に入れているが、むしろ、611HFMのようにシンプルなタイプのほうがよいかもしれない。
さて、611HFMを買おうか迷っている方に、このエントリーらが参考になれば幸いです。

壁のスイッチ交換

第二種電気工事士の資格がないと家庭内の配線工事はできないので、厳密に言うとDIYじゃないんですが・・・
かみさんの部屋の壁にある電灯のスイッチがちょっと触れただけでついてしまう、つまり、消灯してもすぐに点灯してしまうような、厄介な状況になっていたのだが、やっと、昨日、工事に踏み切ったのでww ちょっとレポート。
近所の電気屋さんに依頼しての工事。まあ、ようは以下のスイッチ部分の交換だけなんですけどね^^;
img_0360
img_0361
今のスイッチってのは、電線が二枚目の画像にある穴の部分に差し込むだけなんです。はずす時は横の部分をドライバーで押して止羽根(っていうのか?)をはずすだけ。電極版に電線が接触するようにねじをねじ込んでいくような手順は要らない。部品交換しやすくなっているのでしょう。
で、
興味があったのでググったんですが、最近の電灯スイッチは無段階で調整できるLED電灯が普及したこともあってインテリジェントなスイッチになっているんですな。
パナのWebサイトが詳しいのですが、スイッチだけでページがあるww
我が家もLED電灯を一部使っているけど有効に使うには、こうしたインテリジェント・スイッチに交換する手もあるんだな。
で、さすがにamazonでもプロ用品だから売っていないだろうって思ったら、あったよww
[amazonjs asin=”B00PAYMTQ4″ locale=”JP” title=”Panasonic アドバンスシリーズ タッチスイッチ用子器(マットホワイト) WTY5901W”]

こりゃなにかね、プロも問屋から仕入れるよりamazonで買った方が安いのかねww