Perdomo Cuban Alabao Robusto Natural

Famous Cigarにて購入。
dscf1261
dscf1263
着火もスムース吸い込みも良好。巻きも良好。吸い口もしっかりとしていて湿りすぎることもない。灰は白目。やや片燃え傾向があるものの火をつけることで回復できる。
最初から軽い甘み。黒糖系かな? 濃い目の甘みではなく癖はない。煙の量は普通だがタバコ感は強め。途中で香りも味もあまり変化がなくてずっと続く感じ。残り4cm程度で終了。ややえぐみが出たか? これも無難なシガー。500円程度と考えればリーズナブルなんだけど、もう一つ何か特徴が欲しい。
CigarAdviser.comのサイトではシダー、アーモンド、スパイスの香り、エスプレッソ、ココアの味わいで、砂糖とミルクを入れたコーヒーやエスプレッソに合わせて吸いたいとコメントがあったが俺はガラナハイボールにて^^; コーヒーに合わせたらもう少し感想が違ったかもしれないね。

Facebookで勝手に友人にメールが送りつけられる!

Facebookで勝手に友達申請メールが送られると言う記事はネットで散見されますが、そうではなくて英文の”i cant believe i still have this picture”というメッセージとともwww.mediafire.comのURLが送りつけられると言う新手のウィルスが出回っているようです。自分もこれにやられました^^;
この状況に不幸にも、いや、不注意にもなってしまったら、以下の対応で回避できるかもしれません。
まず、状況を確認したら直ちに再起動をかけてください。立ち上がったら、タスクマネジャーを起動します。そこに、ffdacacaceccsacfsfdsfといった名前の怪しげなプロセスがあったらそれを停止してください。ただし、csrss.exeやwinlogon.exe、atieclxx.exeは説明がなくても問題ないプロセスです。
そこから、システムの復元をかけてください。バックアップを取っている方はそこからでも構いません。システムの復元は更新プログラムをインストールした時点で復元ポイントが作られるのでラッキーであれば1週間程度前の状態に復元されます。
なぜ、システムの復元で対応するかと言えば、このウィルスは¥ProgramDataという隠しディレクトリに実行プログラムをインストールし、しかも、スタートアッププログラムからチェックをはずしても有効とならず、また、DOSコマンドでも削除できないやっかいなものだからです。
本対応が助けになれば幸いです。

ドメーヌ ローラン ペール エ フィス ブルゴーニュ ルージュ プルミエ キュヴェ 2009

料理はイベリコ豚のステーキに野菜が一杯ww 野菜はセロリのビネガー和えやたまねぎのしょうゆ和え、付け合せもジャガイモやパブリカなど多目。
香は果実実あふれる感じで濃い目を期待したんだけど、どちらかというと酸味が強い。なので、野菜たちには良く合った。イベリコ豚はまあまあかな? むしろ、ピザみたいな塩味が強い料理の方が合ったかもしれない。値段を勘案すれば妥当な感じだけど、やや重はやや重なんだが、好みからは若干外れた感じ。
もっと、デキャンティングしたら変わるかも。
普通においしいワインという感じで女性には好まれそう。コストパフォーマンスも普通です。