OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡ギャラリースコープ:美術館へのお供に

前々から感じていたことなんだが、美術館ってのはなんであんなに混むのかねww しかも、その絵画なり彫刻なりに適切な鑑賞距離ってのがあるかずなんだが、皆、ガラスにへばりついて見ている。もしかしたら、絵心がある方で、自分が製作する際の参考にしたいから、微妙なタッチを見たいって方かもしれない。でも、そんな人ばかりとは思えないww
で、俺みたいに画家が意図する鑑賞距離なんぞを推測する輩ナ物だから、やや、後方に立つと肝心な絵が見えなかったりするし、好みの絵を探して順番を多少飛ばして鑑賞したい向きには困るわけで・・・
そんなある日、年配の方が単眼鏡で鑑賞しているのをお見かけした。後ろから単眼鏡で自由に鑑賞している姿を、ニューヨークのビルの屋上に立つジェイソン・ボーンに重ねてww こりゃかっこいいとww
で、早速、物色して購入したのがこれです。(2020/3/10現在 ディスコンみたい)
で、開封の儀。
img_1113
img_1114
ま、ただのスコープなんで取り説をざっと読めば十分。サイズ感はiPod Nanoと比べて。
img_1117
特徴は視野が円形ではなくて短辺が曲線の長方形。これだと、絵画鑑賞などの場合、縦でも横でもいい感じに全体を見られること。
img_1115
調整も片手でやれないことはないが、ちょっと片手も添えたほうがいいかな。
img_1116
6倍ってのは意外と拡大されるものですが、これ以上になると手振れが影響するから単眼鏡だとちと保持が難しくなるので丁度いい拡大率でしょう。
美術館に行くスケジュールができれば、結果を追記します。

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください