遮熱カーテンに思わぬ効果

夏の暑さ対策に購入したニトリの遮熱レースカーテン&カーテン。
実はこれ、冬の寒さ対策にもなるってことに今頃気付いたww
遮熱するってことは、日中に温まった空気が流れ出ないようにすることもできるということ。
だから、冬場になればカーテンを開けておいて室内が暖まるようにして、日が沈む頃にカーテンを閉めれば、通常のカーテンに比べて熱が逃げないように出来るということ。
熱力学上は当たり前のことだったんだが、高校時代は物理に挫折して医学部狙えなかった俺はww 気付かなかった。
てなわけで、遮熱カーテンは本格的な冬の到来前に買ってもいいよってことで・・・
ニトリのお安いカーテンでも十分。
ニトリでもフルオーダーにすれば結構なお値段のものコストパフォーマンスが良いになりますぜww
ネットでこんなシェードも見つけた。
遮熱サンシェード
http://masa.curtainshop.co.jp/images/BJ5203-35.jpg
マンションの高層階でなければ使えそうだし我が家のように障子の内側にスクリーンを取り付けるよりも見栄えはいいかも。
我が家では和室にこんなのを付けている。
[amazonjs asin=”B00C21BLQW” locale=”JP” title=”(結)1本売り 目隠し 遮光 竹製スクリーン ロールアップ式 サイズ88×180cm ブラウン色”]

障子があるので遮熱スクリーンでなくても十分。和室に違和感がないものにしている。
追記:冬の寒さに絡んで、もう一つの効果。
今年はいまだに結露が起きていない。結露が出たら使おうと思って、こんなのを買ったんだがww
[amazonjs asin=”B00KASALSS” locale=”JP” title=”KARCHER (ケルヒャー) 窓用バキュームクリーナー WV50 スプレーボトル無 1.633-165.0″]

結露ってのは窓ガラスの内外温度差に基づくから、遮熱カーテンで室内の暖かい空気がさえぎられて窓ガラスの内外温度差が結露が出来るほど高くなっていないってことだ。
このまま、2月くらいまで結露が出なければ、すごいことです。

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください