防災デイパック 簡易版編

寄る年波には勝てず肩関節周囲炎を患っているために、救援がなくても3日間はがんばれる防災バックパックを背負えない状態が続いている^^;
で、こんな時に地震にこられちゃ困るので簡易版を用意した。普段使いしていたコロンビアのデイパックをベースにしたもの。
img_0331
内容は
1) 食料
2) 水500ml
3) ヒートパック
4) エスビットのクッカー&カトラリー
5) 下着類
6) 簡易寝袋&エマジェンシーブランケット
7) 救急セット、ウェットティッシュ
8) マルチツール(レザーマン)
9) 眼鏡
10) サイリューム
てなところ。
ちょっと詳しく説明すると・・・
食料は2食分。ま、こんな感じで各自がアレンジすればよろしいかと。
img_0335
img_0336
エスビットのクッカーをこの度購入した。ガスバーナーだとどうしても体積、重量がかさむからだ。

中身はこんな感じ
img_0334

実際に使ってみたが、お湯を沸かすには十分な火力。簡単な調理も出来そう。缶詰の中身を温めるとかね。
ただし、固形燃料はかなりこびりつくので掃除は面倒。ま、非常時だから掃除とかしないか、砂をかけて掃除するとかだね。
で、固形燃料をラップでくるんでいるのはイカ臭いからww いや、ホント、マジにイカみたいな魚類系の臭いがするww
下着類は替えのシャツとスマートウールのTシャツ、ソックス。ボディワイルドの速乾性のボクサーショーツ。
img_0338
img_0337
スマートウールにしたのは当然、夏場に来たままでも臭くならないから。それとボクサーショーツの方がそのままでうろうろしてもあまり見苦しくないだろうってことでww
で、収納はジップロックで。もちろん、水に濡れて着られないって事を防ぐため。
これは秋から冬には入れ替える。
マルチツールはあれば安心感があるから入れている。そんなにでかい万能タイプじゃない。この程度で十分。

簡易寝袋は必要かどうかわからないけど小さいものなので邪魔にならないから。

img_0333

自分が使わなくても誰かに使うかもしれない。そういう意味では救急キットも同じ。常備薬(俺はステロイドの目薬が必需品。)以外にも鎮痛剤、風邪薬、弱めの抗生剤、バンドエイド系。ジンのミニボトルは消毒&気付けww

img_0332
そして、割と忘れがちなもの、3点。
お金、眼鏡、カトラリーセット。
img_0339
金はあるに越したことはない。しかも、小銭が必要。地震でも壊れていない公衆電話が使えちゃうかもしれない。
眼鏡は破損するかもしれない。俺は眼鏡なしでもまあ日常生活には不自由しない。歯医者に行って置き忘れるくらいだww それでもやっぱり予備がある安心感は別。
そして、カトラリーセット。スプーンやフォークがなきゃ物が食えないのだよ。割り箸一本でもありゃいいけどしっかりしたものがあればずいぶん違う。これも誰か弱っている人とか幼児に食事を与えるのに役立つ可能性もある。
これで痛めた肩でも背負える防災キットの完成。後は必要に応じてエナジーゼリーを入れるか、ロープ類を入れるか? タオルも1枚ぐらい入れておいたほうがいいかもしれない。

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください