スマフォネックを避けるために

相変わらず、どなたのためになるかわからないけど、少なくとも自分には効果があることを書きましょう。
スマフォネックとはなんぞやとまずは思われるでしょう。これはスマフォやタブレットPCを見る姿勢によって首に本来必要なアーチがなくなりストレートネックと呼ばれる形状になってしまったものをいいます。
私は1年以上にわたってA全版の方眼紙に200銘柄以上の月足を20数年分書き連ねるという無謀なことをやり^^;頚椎ヘルニアになってしまったので、その後は、例えばデスクトップPCに関して言えば、デスクマウントアームを使ってディスプレイが目の高さに来るようにしている。これですな。

注意事項としては取り付けるディスプレイの重量が3.2kg以上必要だと言うこと。テンションをかけてあるので、それだけの重さがないと止まらないのです。意外と脚部が重いものが多いので、本体重量を調べてください。秋葉原のツクモ電気などでは本体重量と総重量を分けて記載してある場合があります。
まあ、PCを使う方が圧倒的に多いのだけど、iPadもそれなりに使っている。問題はリビングのソファがまるでバケットシートのように体を包み込むので、ソファに座っている時間も長くなり、その上、iPadを使う時間も長くなると頚椎ヘルニア持ちにはよくはない。
しかも、最近の研究では長時間座っているのは健康によくないというデータもあるとのこと。(「ほんまでっか?TV」 2013年4月3日放送分にて)
そこで思いついたのが、リビングのTV台一体型の棚の利用。ここにiPadを立て掛けて立ったままで使うこと。早速試して見たところ、かみさんが横から見ると極めてよい姿勢でiPadをみていると言う。
ただ、このままでは支えるものがないので楽天やらamazonやらを検索してみるとiPad用のスタンドがそれなりにある。キーボード一体型もありちょっと惹かれたがメールの返信などはPCで刷ることがほとんどなので素直にスタンドだけにした。サンワサプライの奴。

角度を変えられるので調整もできる。私はWowowの加入者なのでWowowオンデマンドをiPadで利用しているのだけど、これで遅まきながら「ネオウルトラQ」を鑑賞中・・・

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください