Dyson V10 購入するならフロアドック付きモデルがお勧め!

先日、Dyson V10についてググったら、公式オンラインショップにてセール。しかも、FLUFFYモデルでフロアドック付きが49800円と格安だったので即ぽちった。で、V10やらV8Slimやら製品についてはさんざんレビューされていて、ググればいくらでも比較しているサイトが見られるので本体については何もコメントはありません^^; しかし、このフロアドッグが秀逸なので紹介しましょう。まずは、全体像はこんな感じ。

ドッグとコンセントをつないで充電が可能になっていて各ツールが横に装着できて更にツールボックスが前面にスライドインできる。で、裏では充電コードが邪魔にならないように溝に添わせることができる。

プラグの先は後ろから入れて、プラグを固定する部分をぱちんと止める。で、購入時にちょっと失敗。説明書をしっかりと最後まで読まないで、組み立てたところでプラグを入れる前に、本体を挿してしまったので、上記の上からプラグを押さえる部分が閉まってしまった。後ろから、その留める部分を押し出して元に戻してことなきを得たけど、精密ドライバーを持っていないと出来なったと思う^^;

本体を挿しこむとプラグが差し込まれて充電される。

側面には各種ブラシを留めることができるが、これらもぱちんとはまるようになっている。赤い部分がロックする。

また、前面にはツールセットが入ったボックスを入れることができる。

元々、Dysonのコードレスシリーズは充電を兼ねた収納ブラケットを壁にネジで止めるようになっているのだが、石膏ボードの壁に取り付けるのは心もとないし、マンションの壁はコンクリートで設置できない問題があると思う。それを解決するサードパーティー製のスタンドがある。しかし、さすがに純正品だけあって、このフロアドックはよく考えられている。と言うわけで、V10以降を買うならばフロアスタンドが付属するセットを購入することをお勧めする次第。

 

 

証明写真を安く済ますには? 猟銃所持許可証がそろそろ更新だから

猟銃の免許証の更新時期が今月に迫ってきた。もちろん、経験者講習も技能講習も受講済なので、後は友人の医師に診断書を書いてもらい、他の必要書類を揃えて申請するだけなんだが・・・

証明写真って街中のブースで写してもなんとも言えない微妙な映りになる。それでいて、800円くらいするわけで。800円あればラーメンを食う方を俺は優先する!と言う方は結構いるに違いない。なので、コンビニプリントを前提としてどんな方法を取るのが最善か人柱になることにしたww

で、結論としてはiPhone対応アプリの「履歴書カメラ」が今のところ最善だろうと思った。

で、何がいいかというと以下の通り。

・自撮りにも対応

・背景をホワイトに飛ばしてくれるので背景をあまり気にしなくてもいい。(とは言え、白っぽい壁を背景に選ばないとダメよ)

・顔色を健康的にしたりと修正できる(修正方法も3種類なので迷わずに済むww)

・切り取り線の位置がわかりやすく、また、切る段取りも楽。

・3㎝X2.4㎝以外の証明写真にも対応

他に試してみたものと言えば、iPadで撮影した画像をGura Shotというソフトで加工する方法がある。(Gurushotsとお間違えなく)  上記のアプリと異なり、こちらのソフトでは既存の画像を利用して作ることができるのでデジカメを使ってよりきれいに写した画像(まあ、iPhoneの方が写りがいい場合もあるが^^;)を利用できる。使い方も簡単で画像ファイルをドロップして顔の中央線と頭・あごのラインを揃えるだけ。

こちらの問題は背景部分は採用した画像そのままなので、影が残っていたりするとそれを消す加工が必要だったり、セブンイレブンのマルチコピー機だと解像度が若干落ちること。

結果的に人柱としては4回のプリントをセブンイレブンで試したので、最終的には30円x4回で120円がかかった費用^^; 800円かけることを思えばお安いものです。で、この記事を読んだ方は30円で済むわけですww