Fractal Design Define Mini C Window:将来のアップデートに備えてケースだけ先にゲットww

Windows10が安定してきて、世の中はVRと騒ぎ、俺のPCも作ってから早4年が過ぎようとしている。とは言え、グラボを変えたりしてWitcher3が楽しめる程度には改造しているし、Widows7も2020年まではサポートされるので無理に変える必要はないんだけど、その頃には現在使っているケースがヤフオクで高く売れないかもしれない^^; また、変えるときには簡易水冷とか使わないといけないかもしれないのでケースだけ気分転換に変えてみるかと・・・で、ATXにまで大きくしてレイドとかするとも思えないので、変わらずMicro-ATXで買うとなると意外と迷う。で、これだけダウンロードでのソフトのインストールが主流になりつつありPCでブルーレイをみるわけでもないので、5インチベイはいらないんじゃないのと考えたし、サイズ的にも現状よりもあまり大きくなってもなんだなという理由で決めたのがこれ。

で、既に色々なブロガーやPC関連のサイトで紹介されているので構造はたぶんほとんどの人が購入を検討しているならば知っているはずなので、興味はSSDをどういう感じに装着して、SATAケーブルをどういった感じに取り回しているかと言う点に尽きるんだと思う。で、俺もそれをお見せしようと・・・ 俺の場合はSSD2個と2.5インチのHDD1個の3個を使っている。で、迷ったのは電源ケーブルの構造上、一番右の位置にあるSSDの接続がうまくいくかどうかという点。それは一本のケーブルに3箇所SATAの電源コネクトがついているんだが、コネクト部分が立ち上がっているので、サイドパネルをはめると干渉するんじゃないかってことです。それで、画像のように、3.5インチベイにSSD(OSが入っている奴)を持っていくことにしたわけ。で、他の2台のケーブルは素直に下の穴に回してマザボに挿した。こんな感じ。

ブルーとブラックのケーブルが下のスリットに回っているのがお分かりでしょうか?

3.5インチベイからはGPUへの電源ケーブルと同じスリットから通している。

赤いケーブルがGPUの電源ケーブルと同じスリットから回っています。

ま、こんな感じで裏配線は問題なくできています。もちろん、マザボのSATAソケットの位置とかで微妙に変わるかもしれない。ちなみにマザボはAsrockのB75 Pro3-Mです。マザボ側はこんな感じで随分とすっきりしています。

WindowタイプなのでファンをLEDで光らせてもいいかなと思いつつ、マザボやCPU、GPUの交換は来年以降かしらん?

 

日立工機 14.4Vハンディクリーナー:充電池を日立に統一したよシリーズww

日立工機の充電池式の高圧洗浄機を購入する際に、充電池を使いまわすことでファミリー化しようということを書いたけど、その第一弾と言うことでハンディクリーナーをマキタから日立工機に買い換えた。マキタは家内の実家に回るww で、Amazonがたぶん最安値。

せっかくなので、マキタと比べてみた。右が日立工機のR14DSAL。

先ずは横から見た図

上から見る図

まあ、充電池のサイズ分、日立工機が若干デブかなww 重さも充電池の差と言う感じだけど、家内が使っても特に重さで問題にはなるレベルじゃない。日立工機のメリットはもしかしたらLEDで狭いところが照らせてゴミが確認できることかも。

LEDはスイッチを押すと照射される。

これが

この位には照らし出される。埃とか確認できるよねww

お尻にストラップがついているけど、このストラップで引っ掛けて吊るして収納するよりも充電池が重くて四角い分、そのまま置くことで安定するので、我が家ではダイソン君の横に鎮座することになりましたとさ。

使い勝手は大して変わらず、マキタの高機能フィルターがそのまま使えてしまうので、掃除の時も安心して使える。また、ブラシタイプのアタッチメントもマキタと似たようなものがあるので早速注文。ファミリー化はまずは成功と言えましょう。

追記:2017/9/17

充電池が切れるまで使ってみたが、相当電池はもった。スペック上は連続35分ということだけど、連続使用ってのはせいぜい5-8分くらいだから毎日使って1週間というところ。しかし、体感的だけどそれ以上にもった感じがある。マキタで1週間は大丈夫だったので、それの3倍くらいもった感じがする。充電地の容量の差が見事に出た。

厚めのレターパックがコンビニのポストに入らなかったら

レターパックプラスのメリットは厚さに制限がないことと、実際に手渡しされる安心感になるんだが、前者に関しては時として難しいことがある。俺はそれなりのヤフオクユーザーで使わなくなったサングラスなんかも出品しちゃうんだがww 最近のレイバンなんぞはかなり厚手のケースを使っているから(80年代の皮製の薄手のケースが実はコストは高かったんだろうと思う)レターパックプラスで送付する時は、基本的に郵便局でしか出せない。で、郵便局は本局じゃなければ土日はやっていないから土日は発送出来ないことになる。それが良い評価を600以上重ねた俺としては許せなかったりするww

そこでふと解決策に気が付いた。コンビニのポストには(街中のポストもそうだけど)集配時間が明記されている。腐っても鯛じゃないけど日本の郵便システムは優秀だから集配時間もちゃんと守ってくれる。で、その時間に合わせてコンビニに行って集配員に直接手渡しすればいい。集配員はちゃんと受け取ってくれるし「ありがとうございます」とにこやかに挨拶もしてくれるよ。というわけで、知ってしまえば当たり前のことだけど案外盲点だろうなと思うことで、他のレターパックユーザーの役に立てばうれしい限りだ。