So-netには最後までやられたww

So-netは契約当初には1.5GBのデータ通信量があり割といいサービスと思っていたが、実際のところ、自分の使い方だと映像をスマホで見ることがまずないので1GBいかないし、もし、見ることが今後増えるかもしれないとしたら中途半端。
また、オプション解約一つとってもWebの作りが悪くまたクレーム対応もおざなり。

今月で1年になるの違約金なしで解約が可能になるのでどこかに出ようと思って調べてみると・・・
いつの間にか、IIJでのみよふぉん付が3GBのデータ通信まで付いてお値段据え置きになっていた!
こりゃMNPでしょと思って、今日の外出に合わせてお昼にでも以下のWebページで手続きしようとしたら・・・
mnp
MNP転出の手続き自体はさくさく行ったけど・・・MNP用の番号を発行するまで約2日だとORZ
どこまでもサービスが低いSo-netだよ・・・

予備PCのHDDをSSDに換装:備忘録その2

予備機なんだがWindows7の起動が1分以上かかる。
HDDでの起動ってこんなに遅かったっけと言うくらい遅い。
予備機を使う状況はメールがメイン機に比べて更新できていない(つまり、サーバーに溜まっている)時に使うことが多いんだが、それでも、SDカードなんぞを使わなければいけない状況になったりした時に使っているので起動が早いことに越したことはない。
それで、HDDをSSDに換装する事にした。
参考にしたのはASCII.jpの記事。
購入したSSDはシリコンパワーの120GBの奴だけど、正直に言えば値段だけで決めて若干の後悔orz
それは性能じゃないんだなww 2.5インチ ⇒ 3.5インチ サイズ変換用ブラケットの件。前にインテルのSSDをかった時にはちゃんと付いてきたしサムソンも同じ。シリコンパワーのこれには付いていなかったorz

素直にもう少しは出して(ブラケットも1000円近くするわけだから)これにしとけばよかったと・・・

とは言うものの、幸いなことに3.5インチベイにSSD用の穴が開いていたので、ソケット側の2個の穴は使えなかったけど(SATAのデータ用のソケットは問題ないが電源のソケットのケーブルがベイに干渉する。)残りの2個で留めて置けば、振動がないSSDならば問題ないということで換装自体はできた。
で、備忘録として記載しておくことは、最初はSSDが初期化されていないためにSSDが認識されなかったこと。
それは「ディスクの管理」で初期化してパーティーションを設定すればOK。
で、クローン作成して換装、起動するもNG。
そこで登場するのがWindows7のインストールディスク。こいつを読み込ませてインストール画面が立ち上がる。
そこで、あれ、これじゃ、クリーンインストールになっちゃうと怖気づかずに「次へ」をクリックすれば、「システムの修復」を選択できる画面へと遷移する。
で、システムの修復をかけると無事に起動。
明らかに起動は早くなったけど、LANには有線ではなくWiFiでアクセスしているのでブラウザは遅いねww
とまあ、インストールディスクの読み込みには時間がかかるから、怖気づいてキャンセルしちゃわないように→ また、換装と化するかもしれない自分ww

SEA TO SUMMIT ウルトラSIL デイパック:パッカブルのデイパックは使えるぞ

ご近所のバーにシガーを持っていったり図書館に本を仮に行ったりする時には、EDWINのジーンズをかった時にもらったノベルティのトートバッグを使っている。
img_0713
(ムック本が丁度入るくらいの大きさ)
それなり重宝しているんだがジッパーが付いていないので(トートバッグだしね)小さなもの、例えばライターやカッターには気を遣う。それらに気を使わずに済ませたいと思えば、中学生の頃に使っていたナップザックあたりを選ぶことになる。でもね、NikeやAddidas辺りが出しているけど別段工夫があるわけじゃない。背負うストラップも、ようはただの紐ww
それで、先日、アウトドアショップに行った際にパッカブルのバッグコーナーを覗くと随分充実していた。
それで、色々と広げられたサンプルを見比べてゲットしたのがこれ。

色は青と黒のコンビ。サイズはスマホ(Xperia Z1 fSO-02F))と比べても小さいのがわかる。素材もCORDURAなので耐久性があり撥水加工もされている。内容量は20Lで重量は68g。
img_0715
収納部の上にはキーリングなどに留めるためのスナップが付いている。
img_0716
で、まず、中身を出した状態。きれいに畳まれている。クシャクシャと適当に畳んでいくタイプではないようだww 色が色ならなんか、なまこみたいだよねww
img_0717
広げると裏返しになっている。
img_0718
で、表にする。
img_0719
ジッパーもダブルだしストラップも普通に調整できる。
img_0722
img_0723
手近にあったとーとバックや箱やらww 放り込んでみる。
img_0721
こんな感じで使えるので、旅行などにバッグに放り込んでおけば大きな荷物はホテルにおいて、必要なものだけこのデイバッグに入れて行動できる。
あるいは、重量の軽さをメリットとしてトレイルランの際に携行するバッグにも使えそうだ。