リフォーム編:ユニットバス交換の業者決定!

TOTOで定価ベースの見積を取ってからの続き。TOTOショールームのおねーさんに業者については、TOTOのWebサイトにあるホームプロで選べますよと言うことで、自宅に戻って早速チェックしてみた。
こちらね。
こちらに会員登録して、検討しているリフォームの内容を記載すると営業したい業者が連絡してくると言うもの。
で、早速登録したんだけど早い業者は数時間程度で対応しますと連絡してきた。最終的には11社が連絡してきた。ここからはどう選定するかなんだが、まず、数を絞るために遠距離のところはお断りした。次に、テンプレ的なメールしか送ってこないところも却下。こちらは定価ベースの見積は持っていると書いているんだから、「TOTOに確認を取るので見積番号を教えてほしい」とちゃんと聞いてくるところが商談すべき業者だよね。
で、その一方で地下鉄の駅近くでリフォーム業者も見つけていたので、ここに対しても見積依頼をしておいた。さあ、実店舗の業者とネットで応じてきた業者とどちらが勝つんだろうww
その後、実際に現場見積をしたいという業者4社と上記の近くの業者と5社での合見積となったが、その間にホームプロからは見積の取り方とか現場見積への対応とかまめにティップスを記載したメールが届く。ほう、なかなかちゃんとしたサイトですな。
さて、現場見積になると業者の差が大きく出た。ポイントとしては
1.装備の差
脚立を持ってくるが、でかいのちいさいの色々。なかには脚立なしで点検穴をチェックする際に浴槽のふちに乗って覗く奴まで^^; 点検穴からのチェックにおいても懐中電灯派と100ワット球派と両方。
2.質問への対応
入り口の床がショールームのようにフラットになるかと言う質問に対しては様々。フラットになると言い切っちゃう人。自宅の床が最も低い位置だから、そこから配管のサイズが云々と説明して高さがどのくらいになるかと推定する人。うーん・・・
3.見積の際のチェックポイントは?
うちは梁が風呂場にもあるので見積もりの際には梁材もちゃんと入れている。で、ユニットの内寸の次にそこをちゃんと測る人、忘れそうになる人。
あるいは浴室乾燥機をつけることがTOTOの見積でわかっているわけだから、その電源を配電盤で確認したり既設の乾燥機の品番を調べたりしたのは1社だけだった。
4.工事に関しての業者からの説明
大方は2日で済むと答えたが1社は3日で回答。しかも、予備日まで予定していた。また、その1社だけが工事車両の駐車スペースの有無を確認してきた。その1社は上記の配電盤をチェックした業者。
5.交換に伴う付帯工事
実店舗の業者は、窓枠交換に伴って壁紙まで交換することを前提にしてきた。ちょっと待って! そこまで壁紙痛まないでしょ。壁を切ったとしても化粧板で済むんじゃない?
とまあ、そんなことがあって、1週間以内に見積が出揃ったが、その幅がなんと30万超ww
結局選んだ業者は、価格的には2番目だったけど(と言っても5万程度の差)工事車両のスペースの件を質問してくれた業者にした。
で、ここに決めると、そこからまたホームプロのWebサイト上のメールのやり取りがあって、ユニットバスを設置するTOTO認定業者(そうそう、業者によっては自社施行とTOTOの設置チームを使うところがある)による確認作業と契約締結でした。
確認作業も問題なく進み、契約締結後に工程表(理事会にてリフォーム承認を取るための添付書類である)を依頼すると数時間でPDFで届いた。(これもWebサイト上のメールに添付されてくる)
期待通りのスピード感でした。後日、実店舗の業者には断りメールを入れると10万円以上の見積金額差に驚いていた様子。でもね、その業者はTOTOの標準装備が40%OFFで、採用した業者は55%OFFだから、その時点で負けているんだよね。これって、業者自身がわかっていないことなのかしらん?
と言うわけで9月からはお風呂が変わるので、それはまた後日ご報告を・・・

猟銃等技能講習の申し込み

クレー射撃用の散弾銃は今年の11月から更新期間に入る。なので、その前に技能講習を受講しなきゃいけない。
で、これが施行されてから色々な話だけを聞くだけで自分ではまだ手続きをしていなかったので結構な勘違いがあった^^;
それで次回以降に備えて備忘録。また、これから技能講習を受けなきゃなあと言う方の参考にもなれば幸いです。
まず、技能講習の申し込みには、申込書と写真2枚だけですむ。当初、教習射撃の申し込みの段取りと勘違いしていて実は診断書も用意してしまった。あとから、埼玉県警のサイトを見て必要ないことに気がついた。まあ、仕方がない所轄に書類を持って行った時に聞いてみようと書類を準備始めた。で、結構わからないことが出てくる。
1.免許証の番号を記載する箇所があるが、この番号って・・・
免許そのものは銃1丁に紐付けされているから、銃の仕様を記載されているページの番号なのか、2ページ目(写真が添付されているページ)の番号なのか迷う。結局、銃砲店に電話して解決。あくまでも、「免許番号」か「免許証番号」かに注目すれば、これはわかるわけでした。2ページ目の番号でOK。
2.希望受講日っていつでいいの?
最短でも1週間前に申し込みが必要なのはわかっちゃいるが、空きはどうなのよってことになるが、少なくとも埼玉県警の某所轄においては8月中でもいけそうな気配だった。(俺が申し込みに行ったのが8月です)俺自身は9月まで予定が詰まっているので10月にしてもらった。意外と込み合っていなかった。ただ、これは管轄県警次第だろう。担当からは受からない場合もあるので更新開始日ぎりぎりじゃないほうがいいといったアドバイスも。でもねえ、月2回は練習に行っているわけで3枚落とせないってことはまずないからなあと10月のままでいいですと^^; また、午前と午後を選択できるのだが俺は午前にして午後は練習に当てることにした。(ただし、高速で事故があれば遅れる恐れがあるので午後を選択する方法もあり)
3.既に取ってしまった診断書だが、更新年月日(次の免許の交付年月日)から6ヶ月以内と言うことでぎりぎりセーフになった。更新の申請の3ヶ月前までの診断書が有効になりました。ま、次回は注意しようね。
で、所轄の担当と生活安全課の受付で上記のやり取りをして、技能講習通知書を交付するから待っててねと言うことで10分程度で通知書を受領。これがまあ、受験票みたいなものね。2枚提出したうちの一枚が添付されていたので、まさに受験票だね。
こんなわけで、小一時間で手続き完了。ちなみに、技能講習修了書は更新年月日の段階で有効じゃないといけないと言うことで丸3年間使えるわけじゃないことに注意。
診断書が実はおいらにとっては一番面倒に思えたんだが友人に教えてもらったところが、割とさくさくと受けられて診断書料金も3000円とリーズナブルだったので、ハードルがあっさりとクリアされた。これは朗報。
あとは当日、高速で事故などが起こらないことを祈るのみww

Rocky Patel American Market Selection Robusto

外れない味だろうと期待して着火。まずまず、きれいに火がつく。吸い込みは良好は煙量も問題なし。香りもきつくないタイプです。味は期待したとおり、甘みが先に来る。穏やかな甘さ。あっさりとしているので黒糖と言うよりも果糖系? 灰はグレイが強めでやや柔らかいので、少し落ち気味。
片燃えする燃焼じゃないんだが、話しながら吸っていると中心が先に燃える感じ。また、燃焼も早め。中盤まで甘みは変わらず、えぐみも全くない。ミディアム?
そもそも、アメリカ市場を中心に狙っているはずのRPだから、甘さが先に出るのは想像に難くない。だから、自分も今回は選んだんだけど、味自体は若干単調かもしれない。
宴席での喫煙だったので、半ばくらいで終了。$6.5というリーズナブルな値段を考えれば十分においしいんじゃないだろうか?
海外での批評が少なく、Famous Smokeでの購入者レビューくらいしかない。レビューはまあまあというところか? 印象に残るほどじゃないってレビューと燃焼などの問題点の指摘が。確かに若干のあたりはずれがConstractionにはあるかも。でも、ドローはいいんだから値段で勘弁するってところかな?