ガンケース購入:Negrini #1603IS 替え銃身も入れられるガンケース

フィールド射撃を某猟友会の仲間に入れていただいて参加することが多くなったのだけど、その時にトラップ用の替え銃身を持っていくのに苦労していた。Lekiのポールウォーキング用ポールを入れるケースに便宜的に入れていたのだが、長さが違いすぎて役に立たない。かと言って、新しくケースを新調しようにも、銃身が2本入るケースは平気で6万円近くする。なんだかなあと思いながら、ググっていたらなんとNegriniというメーカーが出しているじゃありませんか? さらにはBerettaにも銃身が2本入るケースがある。それぞれを調べてみると、前者はABS樹脂で後者はハードキャンパスで四隅を革で保護しているタイプ。後者はeBayで安いのがあったが、たまたま見つけたCole Fine Guns and Gunsmithingというショップで$179に割引されていた。送料次第では悪い買い物じゃない。早速メールでと言わせると翌日には$80-85でいけるよと。んじゃ、買うかと買い物を進めるとちゃんと送付先でJapanを選べる。最後のチェックアウトで送料は$95に表示されていたので見積りよりもちょい高いがしょうがないかとポチった。すると、翌日にはInvoiceもメールで届いてなんと驚くことに送料が$80に変更されていた。なんて良心的な店! んで、店がメイン州にあるもんだから、NYまで近く翌週にはあっさりと届いた。しかも、為替レートが丁度よい時期で関税も掛からず消費税だけで通関料入れてなんと1000円。久し振りの良いお買い物ww で、実物はこんな感じ。

実際に使うのはまた先になるけど、これはちょいと自慢できそうww

さらに驚くこともありました。購入したショップにガンケースが気に入ったよメールしたら、ちゃんと返信がありました。「気に入ってもらえてうれしい。また、何かあれば連絡してね」って! いやあ、これまでアメリカのショップをいくつか使ったけど、これだけアクションが早くて親切なお店は初めてかもしれない。お勧めです!

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください