エスプレッソは自宅で飲め!

しばらく前に、TV番組でエスプレッソの本当においしい飲み方と言うのをやっていて、結論としては「できてから10秒以内で飲め」ということでした。つまり、スタバのようなコーヒーショップで、支払いを終えてカウンターで待っていて、できたら席に着く前に飲むってことですww実際にもそういう映像を流していました。それで、先週そのことを思い出して、まさにスタバで頼んだら・・・・俺のエスプレッソと他のラテか何かを同時進行で作って、ラテを出してからエスプレッソを出しやがったorz 結論、エスプレッソをスタバで頼んでも駄目。んじゃ、ドトールはどうよと頼んだら、確かに出てすぐに席に着きながら三口で飲めました。その点は評価しよう。しかし、落ち着かない^^;

んじゃ、自宅でエスプレッソをと思って、エスプレッソメーカーを物色したんだが、20年位前に自宅でコンロにかけてエスプレッソを作れるカリタのものを使っていたんだけど、コーヒー粉のコンプレッションやら締め具合やらで苦労した記憶が蘇った。そんな時にamazonを物色していたら表示されたのが、ネスプレッソ。実はドルチェグストとか「インスタントに毛が生えたようなもんじゃないの?」と馬鹿にしていたんだが意外と評価がよい。それで、コーヒーカプセルも調べてみると色々と種類があって楽しめそう。それで、キャンペーンで10%OFFに惹かれて以下のイニッシアを注文した。

で、実際に届いてテーブルにおいてみるとこじんまりとしていてありがたいww こんな感じ。

比較用に500ccの保温ボトルを並べてみたが小さいのがわかるだろうか? なにせ、iPadで隠れるww

毎日、最初の一杯目の前に湯通し(と言っても水をケースに入れてそのままカプセルを入れずにボタンを押すだけ)するとか、以下のように受け皿とかを洗う必要があるけどたいした手間じゃない。

それで、まず、リヴァントというカプセルで淹れてみたんだけど・・・苦いのにまろやか。どういうこと? 確かに一口目苦いんだよ。だけど、その後の余韻がまろやか。これは飲んでもらわないとわからないであろう感覚。翌日はルンゴサイズでフォルティシオ・ルンゴを飲んだんだけど、これもスムースだけど力強い味わい。しかも、表面のクレマ(泡のことだそうな)が全然消えない! ネスプレッソ恐るべし。で、我が家ではクリーマーがあるので買わなかったけどカプチーノが好きな方にはこんなバンドルもある。上記と値段は500円と違わないので恐ろしく格安。なんなら、こっちを買ってクリーマーをヤフオクに出せば元が取れるかもww