Xperia M Dual その4 SIMの切り替え

このブログにたどり着いた人はたぶんソフトバンクやドコモのSIMとデータ通信専用(IIJmioなど)SIMを1台のスマホで使いたいはずですな。(だから、それなりに情報は集めていると思うのでわかっていると思いますが)
でも、この程度のエントリーモデルじゃ、3G(WCDMA)を同時に使うことができないことは覚悟していると思われますww
なので、3Gを切り替える形で使えるのか、それとも、一方はGSMしか対応していないSIMスロットなのかという辺りを確認したいのでしょう。
結論としては同時待ち受けはできないけど、どちらにどのSIMを入れても3Gには対応します。最初の設定ではSIM-2にSB、SIM-1にDTIを入れて設定しましたが(前回に書いた調査不足による)リセット後は、SIM-1にSB、SIM-2にDTIを入れて問題なく使えています。
ただし、切り替えは設定画面からじゃないとできなくてワンアクションじゃありません。
<設定> → <その他の設定> → <モバイルネットワークの設定>
と階層を降りてから、SIM1なり2の<データ通信を有効にする>をタップしないといけない。
こんな感じ。
screenshot_2013-10-31-13-00-45
<モバイルネットワーク設定>画面ではSIM-1の下端がブルーになっていて、そちらが有効とわかる。
screenshot_2013-10-31-13-00-18
SIM-2をタップするとGSMになっているのがわかる。GSM/WCDMA自動(判別)をタップすれば、SIM-2の3Gが有効になる。
とまあ、手間はそれなりに。その後は5秒ぐらいでアンテナ表示が変わって切り替え後のSIMのキャリアのアンテナが立つことになる。
また、<デュアルUSIM設定>画面で<データ転送用SIMの選択>があるんだが、こちらもデータ通信をするSIMを選ばないとデータ通信ができない。
screenshot_2013-10-31-13-40-23
これらの一連の動作を一度にやってくれるアプリを作ってくれる人がいないかと「魂の叫び」が聞こえてきますww

Xperia M Dual その3 設定ではまる

銀SIMがいかれちゃったかと心配になって設定にいってみると・・・
Xperia M Dualの設定にはデュアルUSIM設定という画面があって、そこではSIMの電話番号が表示される。で、ちゃんとソフトバンクの電話番号は表示されているのでSIMが死んだわけじゃないことは確認できた。
screenshot_2013-10-31-09-25-34
で、そうこうしているうちにアンテナが立った^^; そうだ、我が家は東京の電波と埼玉の電波の境にあってリビングだと東京、書斎だと埼玉を掴む。どうも、それで迷ったみたいww
で、電話をかけてみたけど無事通話できた。
さあ、これでMMSやらOpenSoftbankの設定だと・・・
で、またも問題発生^^;
ソフトバンクメールでMMSが受信できてもMMSが送れない。PCからソフトバンクのメアドに送信すると受信はちゃんとするんだが返信ができない。うーんと悩んだ挙句にソフトバンクメールの設定画面で携帯情報を確認するとDTIの電話番号が表示されている。ん? なぜに? で、SIMをもう一度切り替え設定してもDTIの番号のまま。再起動してもDTIのまま。どうやら、ソフトバンクメールはインストールした段階でSIMの電話番号情報を読み取ってそのまま固定されてしまうみたい。しかたがないので、一旦、削除。
で、ここからがはまってしまった。Googleplayサイトからソフトバンクメールアプリをインストールしようとするとインストールできないと表示される。インストール可能と表示されるのはS51SEだけ。これまたググってみると、アカウント設定でアプリの同期を可能にしておかないとインストールできないと、とある方のブログに書かれていたのでやってみたがNG。
結局、その日は友人との会食があったので時間切れで翌日もう一度やってみると・・・変わらない。しかたがないので・・・
リセットです。リセットすればさすがに一から同期されるだろうってことでGooglePlayのサイトを見るが状況変わらず・・・
で、ググってみたところ解決。
なんのことはない、ブログの不正確な情報に頼ったのがいけなかったorz
Googleplayのサイトにはちゃんと書かれている。ヘルプのページです。

以下の通り解説されています。
・ Google Play ストア アプリ Google Play Store を起動します。
・ Play ストア アイコン Google Play Store > [マイアプリ] をタップします。
・ [すべて] を選択します。
・インストールするアプリを選択します。
この通りにやって問題なく再インストールされました。
メールアプリの携帯情報を見るとちゃんとソフトバンクの携帯番号が表示されていて、MMSも通りましたとさ。
ただ、ソフトバンクメールアプリのWiFi設定がうまくいかない。
まあ、これはおいおい設定していくとして・・・
その4ではDualの設定画面などをアップするので参考になればと・・・

Xperia M Dual その2 SIMカッター使ってみた!

先週注文したSIMカッターやら生SIM(こんな風にいうとは知らなかった^^;)が届いたので、早速やってみた。
届いたSIMカッターのでかくて重いことww 卓上用のステイプラーみたいですな。パンチカッターと並べると大きさがわかりますかね? Amazonの画像だとわからんと思いますよ。アダプタとピンセット、カードを引き出すためのピン、紙やすり(3cm正方ぐらい)が同梱。
img_0152
img_0144
で、取りあえず生SIMで練習。SIMの入れ方やカットの仕方を悩むことはないけどSIMを固定できるわけじゃないのでそこは注意が必要。ManoSIM用のカッター部分の方が梃子の原理から言って力がちゃんと入るだろうし切れるでしょうな。
img_0151
で、1枚目をセットして両手で挟むようにしてガチャコン! おっと、ちゃんと切れない^^; IC部分が少し剥がれた。なんか、サイズがぎりぎり。IC部分の端が切れちゃうんじゃないの?
img_0145
2枚目はセットして床において上から一気に力をこめたところ、抜けた。
これがどうやらコツのよう。一気に躊躇なくってことですな。でも、心配になって銀SIMを抜いてDTIのSIMや生SIMと比べてみると・・・
銀SIMはややIC部分が大きくて余裕が少ない。銀SIMをカッターにセットすると本当にギリギリ。IC部分がめくれるかも・・・
心配になってググると先人はありがたし。どうも、IC部分は全部が回路になっているわけじゃなくて周辺部分に配線がない様子。実際に生SIMのIC部分をはがしてみた。
img_0150
SIMによって配線が違うので銀SIMの回路がこのタイプのようになっている保障はないけど多少端がめくれても大丈夫かも。
でも、やっぱり心配^^; でもう一度ググって見た。なにを? 銀SIMの交換が可能かどうかww やっぱり、世の中にはいるんだね、ブログにしてくれている人が。ガラケーをショップに持参する必要はあるけど2000円くらいで交換できる。(ガラケーを持参する必要があるのは銀SIMを使うためかどうか確認するためらしい。スマホに使うためならば有無を言わさずスマホプランにするためでしょう)
一安心したので銀SIMを入れて・・・無事、抜けました。まあ、Amazonの評価は妥当なところでしょうけど、SIMを拡大してみるとばりは結構あります。
img_0147
で、Xperia M Dualにセットしてみると・・・アンテナが立たない?! うわっ銀SIMいかれたか?
続く・・・