ドメイン移管完了:ムームードメインからスタードメインへ

ドメイン移転が完了した。ムームーメールで使っているので移転はだめよと一度弾かれたけど、先の投稿の通り、スタードメイン側では申請が完了しなかったら何度試しても大丈夫ということで。で、ムームードメインに却下されて、しばらくしてスタードメインからも未完了でしたと、メールで通知が来た。スタードメインのサイトの申請画面で確認すると、再申請とキャンセルの二つのボタンが現れる。なるほど、これが支払いは済ませてあれば何度でも申請できるということね。で、キャンセルにすれば、たぶん、払い戻しがあるってことでしょう。

で、ムームーメールで設定してあったメアドを削除したうえで、スタードメインに再申請をしたところ正味2日で移管完了した。早速、メアドを設定してGmailやISPのメールから試したところ、すぐに着信も返信もできた。また、ムームーメールで届かなかったメアドにも、折り返しの返信をお願いしてメールすると、ちゃんと返信が届いたとさ。ま、これでムームーメール側に問題があるのは確認できて移管・移転してよかったということで。ただ、移管完了当日は、届かない自動配信メール(XX証券の約定通知メールを登録すると折り返し確認メールが自動配信される奴)があり、スターサーバーのサポートに上記の通り、特定のメールが届かない旨の相談をしたら、送信アドレスと着信アドレス、送信日時を知らせてくれということで、その内容を返信すると調査して返信をくれた。サーバーに当該メールがそもそも届いていないということで、ネームサーバーが浸透するまで届くものと届かないものがあるでしょうとの回答。実際、翌日にXX証券の通知メールを再登録したらちゃんと届いた。ネームサーバーの浸透にはそれなりに時間がかかるというのが結論。当たり前のことでした。これでサポートが悪いというレビューはあてにならないということだねえ、やはり。

で、Webメールの使い勝手だけど、まあ、いたって普通^^; ムームーメールに比べて残念な点はメアド毎の容量が2GBまでということと、ブラックリストがドメインだけでは登録できずに個別のメアドを登録しないといけないこと。まあ、ほとんどメーラーしか使わないしサーバーに基本的にメールを残さないので、大した問題ではないのですが。と言うことで、ドメイン移管は完了してドメイン管理・サーバー管理も一元化、費用も削減できたということでメデタシでした。

ドメイン移管中 ムームードメインからスタードメインへ

しばらく前から独自ドメインを利用したムームーメールをレンタルしていたのだが、困ったことが昨年末起きてきていた。年数回はとある契約関係でメールをやり取りしている会社からのメールが届かなくなったのだ。契約更新の案内が届かないのでメールしても返信がない。もしやと思って、ムームーメールのWebメールを見ても届いていない。それで、gmailを使って連絡したところ、返信されていてメールが未達だとわかった。で、サポートデスクに対処を質問すると「受信設定で受信許可を当該メアドに与えてください」というお馬鹿な回答。根本的な解決にならない。で、最近ではネットショップからの自動受注メールが届かないという、とんでもないことが起きている。また、2020年1月からいきなりの値上げ。600円→1200円ってのは金額的には大したことはないけど倍になるってことです。それで、本ブログを運営しているスタードメインに移管してスターサーバーで本ブログもメールサーバーも運用しようと決心した。スタードメインはこちらね

実はスタードメイン、スターサーバーともに評価が決して良くない。以下のサイトのようにサポートが悪いのオンパレード。

https://serverdb.info/site/star-domain

http://www.rental-server.ws/rentalserver/250/

でも、使っていて特段困ったことはないし、今回の移管に関してのサポートは全く問題なかったというか、むしろ、かなり返信が早くわかりやすい内容だった。どういうことかと言うと、俺が使っているサーバーが「ミニバード」から「スターサーバー・ライトプラン」に名称・サービス内容の変更があったために移管した独自ドメインのネームサーバーについてどうすればいいかと言う質問に対して3時間程度できちんと回答があった。また、移管にあたってムームーメールでドメインを使っている場合は移管できないとムームードメインから移管不承認のメールがあって、対応をサポートに確認したら、これも数時間で回答があった。曰く、移管申請は何らかの理由で拒否されても、その理由が是正されたなら、何度でも再申請ができて費用も一回だけ。(まあ、移管費用を取らないレジストラもあるという声もありそうだが、移管申請費用には1年分の更新料が含まれているので実質無料と考えられる) また、QAの掲示板でもそれほど上から目線の回答があるとは感じられない。確かに他社では電話サポートがあったりするが、そもそも独自ドメインでレンタルサーバーを運用しようというからには、それなりの知識をもってあたるべきでしょう。

と言うことで、現在、移管中。Webメールの使い勝手などおってレポートします。

 

G-ShockとBluetoothは両立しえないのか?:GBD-100-1JF

スマートウォッチを使っているけど、ランニングはせいぜい週一ぐらいでウォーキング中心の自分にはスマホへの着信通知が実は求める機能として重要だったりするww ランニング中心でマラソン出場を目指すなら確かにタイムは重要だけど、だたのジョギングだったりウォーキングだったりすれば、おおむねの距離はつかんでいるしタイムは気にしない。その一方で、スマホ中毒ではない自分の場合、スマホを机に置いたままリビングに移動してビデオを見たりすることもある。そうした中で逃したくない電話に限って、早目に返信した方がいいSMSが届いたりするものです。マーフィーの法則ww

それで、AmazonでG-Shockでスマートウォッチ系が予約販売を開始していたので思わず飛びついた。こちらのスペシャルサイトを見たら魅力的だよなと。なにせ、ボタン電池式なので面倒な充電がいらず2年間電池交換しないで済む。まあ、Bluetoothを使っていれば1年程度かもしれないがそれでも許容範囲。で、発売日には手元に届いたので開封の儀。

あたりまえだけど既に時刻は表示されている。で、アプリをダウンロードして登録手続きをすると(実はプロトレックを持っているので、そちらで登録IDがあるんだけど、IDが統合されたらしく古いIDでは登録が進まず新規登録した)ファームウェアの更新が必要で早速更新。アプリはこんな表示。

で、時計側もG-Shockロゴで更新中・・・

で、申し訳ないんだけど、レポートで画像がアップされるのはここまで。なぜなら、以下の理由で返品となってしまったからだ。

1.Bluetoothがスマホから5,6メートル離れた程度で不安定となって電話の着信すら通知されない。

2.SMSの着信通知がない! SNSじゃないですよ、SMS、つまり、ショートメッセージww

3.エクササイズにはランニングしかなくてウォーキング設定がない。

4.着信通知の音が小さすぎて聞こえないうえに、振動もプルっと小さく一回だけ。

うーん、実はヤフオクで4,5年ほど前のBluetooth接続できるG-Shockを手に入れて、Bluetoothの接続がやはり不安定で速攻ヤフオクに出して手放した経緯がある。今回は、Amazonなので幸いにも製品の問題で返品ができたが、他のところで購入していたらヤフオク行だった。Bluetooth4.0のはずなので到達距離は10メートル程度は大丈夫なはずだがG-Shockとして頑強性を維持していると、その分筐体がBluetoothを遮蔽してしまうのかもしれない。ProTreck系だったらOKだったろうか? うーん・・・これがGarminやSunto辺りと比べてのCasioの限界なのかもしれない。だから、この通知機能を抜きにしてしまった方がG-Shockでエクササイズ管理ができるということで、むしろ、よかったのかもしれない。