洗濯機は結局購入 日立 BW-7PV

結局、壊れてから買おうとすると、へたすると2,3日洗濯出来ないのもなんだと思って、先日新しいものを買いました。
同じ日立の後継機種です。

選んだ理由は、操作性が変わらないことと、自動お掃除機能(お掃除好きですな^^;)洗濯容量は1kg小さいのにしたので(経験上8kgはいらないなと)設置面積などの問題は起きないといったところ。
ヤマダ電機で買ったんですが、実は価格.comでの価格情報を元に行って交渉したら、どうも、その価格情報がデマっぽい。対応した店員曰く「ヤマダは狙われやすいんです」とのこと。
確かに、ヤマダ自体の表示価格(そこから安くするとは記載されているけど)はビックよりも5000円既に安く表示されていて、しかも、価格.comの価格情報(表示されていた価格という方)とは大きな開きが。
まあ、それでも店員がある程度がんばってくれて、リサイクル料+引取料などの諸経費を入れると、実はネット販売の店で買うより安かったんです。
設置、引取が必要な製品の場合は、本体の価格だけで比べちゃダメで、リサイクル料や設置料などを合計しないと、高くつくことがママある。
さて、新しい洗濯機ですが、改善されたなあと思う点は以下の通り。
1.洗濯時間が短くなったような^^; 
2.お湯取りポンプの差込口が使いやすくなった。
3.中蓋がなくなり窓が付いて洗濯中の様子が見られるようになった。
4.もちろん、自動掃除機能も。ただ、脱水中に行うので洗濯時間が5分程度、
  水量が9L余分にかかる。ただ、これはカビなどが付かなくなることとの
  バーターでしょう。
5.乾燥機能がヒーターではなく風で乾かして、八分乾きで後は室内干し
  これは割り切りなんだろうな。完全な乾燥が無理だから、室内干しを前提とする。
  
なるほど、小さな改良がありますな。雑誌の「家電批評」で日立の縦型洗濯機が売れ筋になっている理由がわかります。

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください