マス・ド・ドマ・ガサック ルージュ 2010

大沼牛のステーキが夕食。
んじゃ、開けるかと・・・
ドミナスで安く出ていたときに買ったもので3600円程度だった。でも、ドミナスで3000円出すと十分においしい奴が飲める。
今回もトップノーズから果実味溢れる。一口目はちょっとスパイシーで果実が感じられていて、かと言って、重過ぎず。
我が家ではこの手のワイン一本やりですな。ステーキには良く合います。ステーキ自体がそれほど脂身が多いわけじゃないけど、それでも余分な脂肪分はあって、それをちゃんと洗い流してくれる感じです。口がすっきりする感じ。
本当はデキャンタしておいた方がいいと後からわかってちょっと残念。デキャンターあるんだからちゃんとやらないとね。
翌日も劣化を感じることなくおいしくいただけました。
だから、次回からはレッグや色もちゃんと評価するようにしましょう。だけど、ソムリエじゃないから適切な評価かどうかわからんよww
dscf1340

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。