サービスに対する対価

日立に関する評価の続き・・・
サービスマンが来て診断したところ、軸部分の部品交換になると25000円程度になるとのことだった。幸い、音を我慢して使っても取り敢えずは問題なしとのこと。エラー表示が出るまでは使えるってさ。でも、なんて、微妙な金額・・・
と言うのも、
うちは浴室乾燥があるので、今の洗濯機の乾燥機能はほとんど使わずじまい。
なので、後継機種で簡易的な乾燥機能がついている奴なら4万円台なので買い替えするか判断に迷う微妙な金額ってわけです。(2万でお釣りが来るなら頼んでいたと思う)
とりあえず、診断だけで帰ってもらって出張費が2520円なり。これはリーズナブルな金額だと思います。当面使っていても、モーターから火を吹くわけじゃないことを保証してもらったわけで、その知識はこっちにはないわけだから妥当な対価と言う認識。
日本人はサービスに対する対価を正しく評価しないとか、そもそも対価を払う感覚がないとか言われるのだが、確かに「サービス」と言う言葉も違う使われ方だ。つまり、「サービスしてよ」というのはまけろという意味だ。
今後、日本は「おもてなしサービス」でグローバルに打って出るなどと言うのだから、日本人自身がサービスに対価を払う感覚を身に着けなきゃいけないはずだ。
ちなみに、
価格コムを見ると、一応、検討対象の機種だと大手量販店の方がポイント分、ネットよりも安そう。
そうそう、家電はリサイクル料やら搬入設置費用が掛かるから、そのあたりの費用をプラスするとネットショップだと2万円近く上乗せされることがあります。このあたりはちゃんと調べないといけませんな。
ちなみに、長期保証に関してはどうなんだろうね? 大手量販店だと連絡が悪いとかあんまり良い評判を聞かない。こればかりはその場になってみないとわからんなあ。メンテが必要ないものや壊れたらしょうがないと割り切れるものは保証つけないというのが方針だったのだが、今回はもうすぐ5年という状況だった。5年保証をつけていたら素直に修理を依頼していただろう。
長期保証を付けていたらと若干の後悔を初めてした^^;

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください