Surrogates Bone Crusher

NHCから取り寄せたサンプラーから。
リングが犬がくわえる骨みたいな感じのイラストで、髑髏版の奴よりは軽いかなってノリで今日のお供に選んだ。場所は東京倶楽部。同級生のライブにて。お供はギネス。(だって、ミントがないからモヒートダメだったんだもん)
着火はリングが太い分、ちょっと手間取る。このくらいのリングだと相当辛抱強く炭化させないと片燃えの原因になるんだろうな。だが、そうするとライターが相当熱くなってしまう。このあたりを熟練のスモーカーはどうやっているんだろうね?
さて、一口目。ドローはいいというか、スカスカ^^; なんだけど、煙量が十分。これは不思議です、いつも感じることなんだけど。Contractionがいいってことなんだろうねえ・・・
で、お味の方は甘さもあるんだけど、それを上回るスパイシーさ。タバコの辛さじゃないんだよ、スパイスの辛さ。刺激的な辛さ。うーん、これがずっと続くと嫌だなと思っていたんだが、1時間以上変わらなかった。煙も目にしみるくらいで、非喫煙者にとってもこりゃきつい香りだろうなあと。
なので、結局、半分程度で終えてしまった。ギネスの後に頼んだモルト(銘柄忘れた)のソーダ割で辛味を消しながらなんだけど、ニコチン酔いしそうな気配もあったので・・・
海外の評価も微妙ww なんで、NHCがこいつを力を入れて紹介したのかわからんって感じ^^;すきっ腹で吸っちゃあきまへんでwwって感じやら・・・
どうも、このところ、あたりを引けない。NHCを離れてAlec BradokeyかRPにした方がいいかも。

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください