Rocky Patel Vintage 1990 Robusto Maduro

Perdomoが期待した甘さじゃなかったので、確実に甘いと思われるRocky Patelに火をつけちゃった^^; 本日、2本目のシガー。WOWOWオンデマンドで「戦火の馬」鑑賞しながら。お供はワイルドターキーの86プルーフの方をロックで。
最初にカッティングがまずくて吸い口がちょっとはがれかけ^^;
吸い込みは良好、煙量も十分。灰はやや黒味がかったグレーでしっかりとした灰。落ちる心配もない。
一口目からほのかな甘さ。控えめなんだけど十分に甘みを感じられる。ところが、香りがどうもタバコ感が強くきつめ。紙巻的な香りといえばいいんだろうか? ややスパイス的な感じもあるが基本は仄かな甘み。黒糖系のあっさりとしたものでまとわり付く感じではない。
片燃えはややあるが修正は利くので問題はなし。この四角く固めるのはどうなんだろうね、決して吸いやすい感じじゃないんだが^^;
途中で大きな味の変化もなく(このあたりはキューバンの方が変化に富んでいる感じはする)60分程度、リングを2枚ともはずして残り3cm程度で終了。
素人レビューだけど高評価。確かに外れない感はあるね。期待通りの味とConstractionの良さ。$8.95の価値はあるってことか。円安が進んだので、これが送料を入れると既に1100円くらいのシガーになっているから当たり前と言うべきか、いや、まだ十分にC/Pが高いというべきか?
こうした価格と味のバランスってのは本当にワインと同じだ。好みの味のお手ごろ価格のシガーを見つけられれば幸せってことだね。

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください