Jawbone UP2:睡眠状態の実態に泣けるww

UP2でしばらく睡眠状態を計測して感じることは以下の通り。
1.入眠に至るまでの時間が実際よりも短く計測されている
2.夜中に起きている回数は正しい
3.浅い眠り、深い眠りの表示がたぶん正しいww
4.浅い眠りで目覚まし掛けても半分既におきていて意味ないww
ちなみに自分の標準的な睡眠状態で浅い眠りが多い。
screenshot_2016-03-21-09-05-29
昨夜はストレスになることがあったのでなかなか眠れずこんなひどい状態ww
screenshot_2016-03-21-08-55-32
UP3はこれに加えてREM睡眠までの計測が出来る。もっと詳細を知りたいならばUP3を使うほうがいいのだが、まずは、深い眠りを取ることが先決なので、これでもよしとしよう。
改善策は取っているんだが、それは別のエントリーで。
ちなみに、運動をした場合にはその種類を設定できるようになっている。右上にある赤い歩いている人のようなアイコンをクリックすると以下のような画面が出てくる。
screenshot_2016-03-21-08-55-59
で、ワイプすると他の運動が表示されるのでそれで選べばいい。消費カロリーの計算根拠が変るって事でしょう。ご参考までに。
screenshot_2016-03-21-08-56-11
screenshot_2016-03-21-08-56-21

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください