TOTO ピュアレスト:トイレの掃除に注意

2013年の9月にトイレをリフォームして節水型の便器TOTO ピュアレストに交換したのだが、この2年使って掃除について注意が必要なことがわかったのでティップスとして。
節水型ってのは、少ない水量だけど便器の中を回転する様に水流を導いて排水することで実現している。
トルネード洗浄wwって奴ね。
TOTOのWebサイトにある画像でわかる。以下の画像です。
pht_mv_point01_01
この説明を読むと清潔を維持できると思えるんだが、掃除をしなくていいわけじゃない。掃除が楽よって事に過ぎない。
だから、
この水流の出口部分は常に水が流れるとは言え、水垢はそれなりについてくる。だから、綿棒とか細いブラシとかを使ってまめに汚れを落とす必要がある。
で、ここは目に付きやすいからいいんだけど見落としがちなところがこちら。(これもTOTOのサイトの画像です)
pht_point02_02
左側の画像を見ると、水面の上に穴が開いているのがわかる。ここからも水流が流れていくんだが、ここの内側までは汚れがつきにくい加工されておらず陶器の荒いキメのまま。だから、ウンチがここに残ってしまうことがある!
この部分にもブラシを突っ込むなりして、キレイキレイしましょうってことです。
たぶん、洗浄剤(トイレの内側に貼り付けるタイプとかね。TOTOはこのタイプの洗浄剤を勧めていない)のレベルでは汚れが取れないと思われますので、掃除はまめにしましょう。
お金にも恵まれるかもねww
追記:2015年2月からの改良型のピュアレストでは便器のボウル形状が変って、下の方の穴が無くなりましたww
ってことで、このエントリーは改良前のピュアレストについてとご理解ください。
ンリフレさんのサイトがわかりやすい。

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください