Perdomo 2 Limited Edition 2008 Robusto Cigar

Famous Cigarにて購入のPerdomoサンプラーの一本。
着火はスムースで香りはやや強め。煙量はかなり多い。また、吸い込みは一瞬すかすかと思うくらいなのだが、そんなこともなくスムースに煙は口に入ってくるし片燃えもない。しっかりと巻けているけどスムースな吸い口ってのは初めてかもしれない。うーん、やっぱり、キューバンシガーよりもニカラグアやホンジュラスのシガーの方が巻きがいいんじゃないだろうか? ラテン系の人々は意外と手先が器用?
dscf1264
dscf1265
さて、味の方だが、これも先のPadilla Miamiと同じで甘さも十分に感じられるんだけどあっさりとした微糖という感じか? 煙量が多いので香りは割りとタバコ感が強く感じられるのだが、味の方はそれほどきつくなくミディアムと言うところか? 燃え方は結構早く、ロブストらしい短時間にがつんと楽しむ人向けなのかと^^; 実際はがつんじゃなかったけど^^;
2008年製と言うことは5年以上経っているということでマイルドになるものか? 実際、これも割りと淡々と進む感じではあるが、Padilla Miamiに比べるとややえぐみが出たか? 3cm程度残して終了。同じく1時間強というところ。巻きが悪い奴に当たってばかりの人は試してもいいかもしれないけどロット差はあるかもしれない。
Abouto.com Cigarのレビューもスムースな吸い口だけどルーズな巻きじゃないとコメントされてた^^;

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください