フローリングのワックス掛けが楽になったぞww

昨年肩を痛めたためにフローリングのワックス掛けを1年やっていなかった。GWだし天気もよさそうだしとワックス掛けをすべく今年は新兵器を投入したww
我が家ではリンレイ製品をずっと使っているのだけど、肩を酷使するのは汚れ落としで腰を酷使するのがワックス掛け。
知らない方にもう少し説明するとフローリングのワックス掛けには2段階の手間が必要で、最初は古いワックスを落とすところから始めないといけない。
さすがに完全の剥離させる方法を取ると朝の8時に始めて一日仕事になるだろうし、中途半端にはがすことは出来ないので、「オール床クリーナー」って奴で汚れ落としと昨年塗ったワックスを落とす。手間なのは、その後に最低2回水拭きして洗剤を取らないといけないところ。10畳プラスαの範囲をやるとそれなりに方を酷使するのです。
で、その後でワックスを塗るんだけど、昨年まではこちらのワックスかんたんワイパーを使っていたのだけど、老朽化していたので今年はこちらのワイパーに買い換えた。

更にモップの方がむらなく塗れるだろうという事でこちらも一緒に注文。

ワックスも「オール」から「フローリング専用ワックス」に変更。

で、実際に使ってみると・・・楽ですww
モップはベロクロでワイパーにつけるんだがかなり幅広のベロクロなのでしっかりと固定される。
dsc_0039
また、モップは中心部分の素材が異なっているようで、これがワックスを平均的に塗るための要素かもしれない。
dsc_0040
実際に使ってみると・・・
ワックスを専用トレイに入れてモップを浸すだけで十分にワックスが染み渡って、1回で概ね3㎡-4㎡ぐらい塗れます。しかも、腰が楽! かんたんワイパーの時は中腰にかがんで、ワックスを入れた容器を絞るようにワックスをワイパー部分に染み出させていたので、一回に濡れる範囲は1平米になるかどうかww
早く導入していればよかったという感じです。
まあ、柄の部分はクイックルワイパーで兼用できるんじゃね? って疑問もないわけじゃないがモップを滑らせない厚みとか床面のパターンとかが工夫されていると信じようww
で、こんな感じに輝きを戻しましたww
dsc_0038-43c1e

投稿者: ltcrane

外資系コンサルティングファーム、ソフトウェア企業を経て、サラリーマン暮らしを辞めた。 現在は相場師を自称しているが、まだまだ、反省が多い相場人生ww 人生自体がギャンブルだったからギャンブルなんぞは今更やらない。 このブログは自分にとっての備忘録でもあり、個人のWebサイトの黎明期にお世話になったので、その恩返しに書いている。このブログを読んだ誰かが役に立ったと思ってくれるならば、うれしい限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください